logo

米国コロラド州フォート・コリンズ市と「経済発展と起業家の支援に関わる相互協力の共同宣言」を公表

フューチャーベンチャーキャピタル株式会社 2016年09月30日 11時00分
From 共同通信PRワイヤー

2016年9月30日

フューチャーベンチャーキャピタル株式会社

米国コロラド州フォート・コリンズ市と「経済発展と起業家の支援に関わる相互協力の共同宣言」を公表
現地スタートアップ企業への投資、育成、技術移転を支援

フューチャーベンチャーキャピタル株式会社(本社:京都市、代表取締役社長:松本直人)は日本時間2016年9月30日(金)、米国コロラド州フォート・コリンズ市と、同市の「経済発展と起業家の支援に関わる相互協力の共同宣言」を公表いたしました。

当社は、フォート・コリンズ市及びその周辺地域のスタートアップに対し、投資や教育プログラムの提供、技術移転などの支援を行い、同市及びその周辺地域から生まれる起業の質と量を高めることで、経済活性化に貢献します。
また、共同声明締結を契機として、当社のアメリカでの事業展開を加速させ、アメリカにおける日本のスタートアップの海外展開を支援する環境を整備、日本経済再生本部が発表する「ベンチャー・チャレンジ2020」が掲げる「地域と世界の架け橋」の一助となります。

なお、現地での具体的な活動内容については、随時当社サイト内でご紹介していく予定です。
リンク

(参考資料)
● フォート・コリンズ市の共同声明(概要)
相互のビジネス、教育及びその他の事業目的に利する事柄(以下抜粋)に対して、非拘束的に情報を交流し協力することを奨励します。
○コロラド州と日本の垣根を越えて、学生、教授陣、研究者、投資家、起業家を教育し、奨励するための機会をサポートします。
○コロラド州と日本の垣根を越えて、知識と技術の移行、起業家精神の育成、投資などによる資金調達を容易にすることに合意し、経済発展に貢献します。
○新しくクリエイティブな産業の構築、起業家エコシステム推進のためのサポートを行います。
○新しくかつ強化された資金調達手段の開発を目指します。
※共同声明全文はフォート・コリンズ市サイトでご覧いただけます。
 リンク ※日本時間10月5日(水)以降公開予定
 
● フォート・コリンズ市
米国コロラド州の都市で、大手ハード、ソフトメーカーの大規模研究開発施設などが集積し、米国のものづくりを牽引。2015年のスミソニアン・レメルソンセンターの発表では「発想力豊かな人材と情報などのリソースや、刺激的な環境が一つとなって、新しい発明やイノベーションを生み出す代表的な都市」として評価されています。

● ベンチャー・チャレンジ2020
内閣に設置された「日本経済再生本部」が、2016年4月19日に決定事項として発表した、日本のベンチャー創出力の強化を図るための「目指すべき2020年の絵姿」を示した計画です。
新しい事業やベンチャーが次々と生まれ、成長するエコシステムの形成を目指し、重点課題として、地域企業の海外展開の推奨などが挙げられます。
リンク

● フューチャーベンチャーキャピタル株式会社(FVC)について
京都に本社を置く独立系ベンチャーキャピタルで、日本国内のベンチャーキャピタル業務を中心に活動してきました。
「100年継続企業を創る」を事業ミッションに、特に地域のベンチャー企業や中小企業に、ファンドを通じたエクイティを提供する「地方創生ファンド」に注力。地方創生ファンドの組成数は現在9件で国内NO.1の実績があります。また、資金を投入するだけでなく、長期的な事業継続に向け、事業育成、人材育成、事業コンサルティングなどの支援を行っています。

商号:フューチャーベンチャーキャピタル株式会社
代表取締役:松本直人
本社所在地:京都市中京区烏丸通錦小路手洗水町659番地 烏丸中央ビル
証券コード:8462 JASDAQスタンダード
URL:リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事