logo

Bombardier Commercial Aircraft、東南アジアとオーストララシアの販売チームを拡大

Bombardier Aerospace 2016年09月18日 10時20分
From JCN Newswire


MONTREAL, QUEBEC, Sept 18, 2016 - ( JCN Newswire ) - Bombardier Commercial Aircraftは、Francois Cognardを東南アジアおよびオーストララシアの販売VPに任命したことを、本日発表しました。Cognardは実績ある上級販売指導者で、オーストララシアなどの地域での成長と置換の機会獲得を重点的に行います。オーストララシアはオセアニアの一部で、オーストラリア、ニュージーランド、ニューギニア島、太平洋の近隣の島々、東南アジアで構成されます。この人事は即時有効で、彼は商業SVPのColin Boleの直属として、シンガポールを拠点に活動します。

「Francoisが商用航空機販売チームに加わる一方で、弊社では、Q Series、CRJ Series、およびC Series航空機のポートフォリオのプロモーションと確立によって、全世界の主要市場で成功するための変革プランを推し進めます。」と、Boleは述べました。「今後20年間の60~150座席市場に納入される新しいBombardier機の予想納入数のうち、南アジアおよびアジア太平洋地域は約15%を占めます。

弊社ではこれらの市場とのプロキシミティや、アジリティおよびフォーカスの向上を目指していますが、Francoisのリーダーシップはこのような販売機会の多くを獲得するのに役立つでしょう。」

Cognardの航空業界でのキャリアは、1996年のエアバス入社に始まり、その後20年間、航空業界で幅広い国際的な経験を獲得しました。Bombardierに入社するまで、彼はアラブ首長国連邦のドバイを拠点に、エアバスの中東および北アフリカ販売責任者兼VPを務め、エミレーツ航空、エア・アラビア、エジプト航空、エチオピア航空、Air Algerieなどのお客様の販売活動を管理していました。その前には、マレーシアのクアラルンプールを拠点に、エアバスの東南アジアでの商業活動の責任者を務めました。またもフランスのトゥールーズで、南アフリカ販売責任者として働きました。

CognardはUniversite des Sciences Sociales de Toulouseで商法修士号を取得し、米国ミネソタ州立セントクラウド大学でM.B.A.課程を修了しました。1995年には英国クランフィールド大学航空学部で航空輸送管理の修士号を取得しました。

Bombardierについて

Bombardierは、航空機と列車を扱う世界トップのメーカーです。Bombardierは、現在のサービス提供をしながら未来を見つめ、どんな場所でも効率的で持続可能で、楽しい交通を求めるニーズに応えることで、全世界の移動手段を進化させています。弊社が世界の交通をリードしている理由は、車両・航空機やサービス、そして何よりも従業員です。

Bombardierの本社は、カナダ、モントリオールにあります。弊社の株はトロント証券取引所(BBD)で取引されており、Dow Jones Sustainability North Americaインデックスにも上場しています。2015年12月31日締め会計年度の売上高は、182億米ドルでした。ニュースと情報は bombardier.com をご覧いただくか、Twitter @Bombardierをフォローしてください。

編集者向け注記

- Bombardier Commercial Aircraftからの最新情報はTwitterで @BBD_Aircraftをフォローしてください。
- プレスリリースを受信するには、BombardierウェブサイトのRSS Feedセクションをご覧ください。 リンク
- Bombardier、Q Series、CRJ Series、C SeriesおよびThe Evolution of MobilityはBombardier Inc.とその子会社の商標です。

Marianella de la Barrera
Bombardier Commercial Aircraft
+1 416 375 3030
marianella.delabarrera@aero.bombardier.com
www.bombardier.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事