logo

【初開催】 ESG・CSVの最新トレンドを徹底解説

各界の専門家、有識者、実践者が一同に介し、「持続的成長」と「高質な対話」の実現について考える一日



株式会社東洋経済新報社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:山縣裕一郎)は、“ESG投資の正しい理解”“CSV経営の実現”をテーマとするカンファレンス『ESG・CSV Trend 2016』を開催します。機関投資家と上場企業に迫る「スチュワードシップ・コード」「コーポレートガバナンス」の世界動向と日本企業の対応を検証するとともに、注目される非財務情報コミュニケーションの重要性、ESG投資への正しい理解、CSV経営への取り組みについて有識者、専門家、実践者の講演をもとに考察します。

[画像: リンク ]



≪みどころ≫
◆世界最大規模の機関投資家 GPIF 理事 兼 CIO 水野氏 登壇
◆CSV経営研究の権威 一橋大学大学院国際企業戦略研究科 教授 名和氏 登壇
◆「スチュワードシップ・コード」「コーポレートガバナンス」の世界動向と日本企業の対応
◆シュナイダーエレクトリック Social Responsibility Manager 来日決定

≪プログラム≫ ※一部抜粋
○年金基金の視点
「インベストメントチェーンにおけるWin-Win環境の構築を目指して」
 ~スチュワードシップ責任とESGの観点から~
年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)理事 兼 CIO(最高投資責任者) 水野 弘道 氏

○投資家の視点
「日本版スチュワードシップ・コードへの対応等に関するアンケートについて」
~アセットマネジャーがスチュワードシップ責任を果たすための取組みと今後の課題~
一般社団法人 日本投資顧問業協会 会長 岩間 陽一郎 氏

○企業経営の視点
「経営最前線 ~CSV(Creating Shared Value)2.0~」
一橋大学大学院国際企業戦略研究科 教授 名和 高司 氏

○企業の視点
「非財務情報コミュニケーションとESG投資」
株式会社伊藤園 常務執行役員 CSR推進部長 笹谷 秀光 氏

シュナイダーエレクトリック
Social Responsibility Manager East Asia & Japan Meriem Kellou 氏

≪開催概要≫
○開催日時 2016年9月27日(火) 13:00~19:00 (12:30 受付開始)
○会 場   大手町サンケイプラザホール
○参加費   早期申込 15,000円(税込み)/ 一般申込 20,000円(税込み)
○対 象   企業経営者、IR部門、CSR部門、財務部門、運用部門の担当者、
      およびESG等に関わる企業のご担当者、機関投資家の方々など

○主 催 東洋経済新報社

詳細、お申し込みはこちら
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。