logo

「時間の使い方の優先順位、どうしてる?」~大学2年生の74.4%が「勉強や授業」を優先しているという結果に~


株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:柳川昌紀)が運営する、いつかの社会人デビューのためのサイト『就職ジャーナル』(リンク)は、大学生の最新情報がわかる連載「学生×シゴト総研」を公開しております。今回は「時間の使い方の優先順位、どうしてる?」をテーマにアンケートを実施いたしました。

▼「時間の使い方の優先順位、どうしてる?」
記事はこちらから
リンク

――――――――――――――――――――
■「勉強や授業」に次いで、「アルバイト」、「部活やサークル活動」、「友人や恋人との交際」と続く結果に。具体的な優先順位についても公開。
――――――――――――――――――――

大学2年生546人(うち男子学生174人、女子学生372人)を対象にアンケートを実施。(調査協力:株式会社クロス・マーケティング、調査期間:2016年4月21日~4月26日)。大学に入学してから1年がたった先輩たちは、大学生活でのさまざまな活動に費やす時間について、どのように優先順位をつけているのでしょうか。そこで今回は、どんな活動を優先しているかや、具体的な優先順位について、大学2年生に聞いてみました。

まず、大学生活のさまざまな活動について、優先しているものを3つまで選んでもらったところ、一番多かったのが「勉強や授業」で74.4%。次いで、「アルバイト」が40.7%、「部活やサークル活動」が39.2%、「友人や恋人との交際」が38.3%と続きました。「その他」では、「趣味」という答えが複数寄せられました。一方、「優先順位はつけていない」と答える学生も15.4%を占め、特に女子学生よりも男子学生の方が、優先順位をつけていないという回答の割合が多い結果となりました。

「何を優先してる?」という問いには、「留学をする予定なので、そのための勉強が第一」「彼氏や友人との予定や、好きなアーティストのライブ、コンサートを優先するために、なるべく自由の利くアルバイトを選んでいる。講義も、恋人や仲の良い友人の都合に合わせて取っている」「公務員を目指しているため、試験勉強が最優先」「何よりも学業を優先。空いた時間を、部活やアルバイトなどにあてている」「『「1~2年のうちに遊んでおけ』という先輩の教え通り、今は友達と食事をしたり遊びに出掛けたりして楽しむようにしている」「テストが近い時期にバイトが入るのがいやなので、長期のバイトはせずに、単発のアルバイトをしている」といった声が寄せられ、学業や将来に備えた勉強、趣味や友達付き合い等のプライベートと、それぞれの価値観に応じた優先順位があることがわかりました。

▼「時間の使い方の優先順位、どうしてる?」
記事はこちらから
リンク

▼いつかの社会人デビューのためのサイト『就職ジャーナル』はこちらから
リンク

▼リクルートキャリアについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
kouho@waku-2.com
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。