logo

MederiがDDW週間に逆流性食道炎の第3世代Stretta 療法、RFT3を公開、発売へ

Mederi Therapeutics Inc. 2016年05月06日 10時27分
From 共同通信PRワイヤー

MederiがDDW週間に逆流性食道炎の第3世代Stretta 療法、RFT3を公開、発売へ

AsiaNet 64296 (0554)

【ノーウォーク(米コネティカット州)2016年5月3日PR Newswire=共同通信JBN】逆流性食道炎(GERD)に対するStretta療法(リンク )のメーカーであるMederi Therapeutics Inc.は3日、第3世代のStrettaテクノロジーの発売開始を発表した。新製品はサンディエゴで5月21-24日に開かれる2016年米国消化器病週間(R)(DDW)に発売が開始される。さらに、GERDにかかった特別の患者集団に関するStretta治療10年の追跡データが、いくつかのDDWポスターセッションで発表される。

Logo - リンク

新しいStretta RFT3は、臨床的に実証済みのStrettaシステムの世代交代製品である。治療手順は同じだが、新しい美容上、機能上そして材料上の改良を加えて、慢性GERD患者に対するStretta療法は一段と使いやすく、最適なデリバリーができるようになる。

Mederi(リンク )のボブ・クナー博士最高経営責任者(CEO)は「われわれは一貫して広く世界のユーザーの声を聞き、当社システムにさらなる改良につながる意見を活かしている。第3世代Strettaは、インターフェースを改善し、一定の機能を自動化することで、有用性を強化し、治療法を最適化している。新しいRFT3カテーテルは、既存のMDRF1ジェネレーターと互換性があり、更新されたテクノロジーに最大限の多用途性を実現した。これらの機能強化は、質の高い製品に対するMederiの現行コミットメントを示している」と語った。

成人の約30%は慢性のGERDに罹患している。これら患者の多くは、この疾患に対する最も一般的な医療行為であるプロトンポンプ阻害剤(PPI)に完全には反応せず、さらに多くの患者は長期にわたるPPI 利用もしくは逆流防止手術に関連するさまざまなリスクを心配している。

MederiはDDW週間中、米国消化器内視鏡学会ラーニングセンター(ASGE Learning Center)で新しいStretta RFT3システムを紹介、デモ公開する。

5月21日(土曜日):実地体験1:00-4:00 pm プレゼンテーション1:00-2:00 pm
5月22日(日曜日):実地体験8:00 am-12:00 pmプレゼンテーション9:00-10:00am
5月23日(月曜日):実地体験1:00-4:00 pm プレゼンテーション1:00-2:00 pm
5月24日(火曜日):実地体験1:00-4:00 pm プレゼンテーション2:00-3:00 pm

DDW会場では、メリーランド州タウソンにあるThe Heartburn and Reflux Study Center所長のマーク・ノア博士が実施した研究によるStretta療法の10年データがいくつかのポスターセッションで発表される。3つのプレゼンテーションは、それ以前に公表された10年研究からの特定の患者小集団を観察して、高い肥満度指数(BMI)、GERDの呼吸器症状のある患者と逆流防止手術後再発したGERD患者に関するStrettaの効能を分析する。ノア博士は「これら問題のある患者集団については、非外科的なGERD治療選択肢を持つことが非常に重要である」と指摘した。

新しいStretta RFT3および最新の臨床データに関する詳しい情報は、DDW 2016(リンク )のMederiのブース3349を訪ねてほしい。

▽Mederi Therapeutics Inc.およびStrettaについて

Mederiは、消化器疾患を治療するためノンアブレーティブ(皮膚などを損傷しない)な高周波(RF)エネルギーを利用する、革新的な非外科手術機器を製造している。MederiのStretta療法は、40以上の研究でGERD治療に安全かつ効果的であることが立証済みである。これら研究はすべて高度の安全性と効能、長期的な症状緩和を示している。世界で2万件を超えるStretta 療法が実施されており、40カ国以上で加療されている。

詳しい情報はリンク を参照。

▽メディア問い合わせ先
Mike Elofer
mike@pascalecommunications.com
+1 (484) 620-6167

ソース:Mederi Therapeutics Inc.



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。