logo

モバイル機器がTCO Certifiedの新持続可能性基準に適合

TCOディベロップメント 2016年04月20日 16時04分
From 共同通信PRワイヤー

モバイル機器がTCO Certifiedの新持続可能性基準に適合

AsiaNet 64118

ストックホルム(スウェーデン)、2016年4月20日/PRニュースワイヤー/ --

主要ITブランドは、モバイル・コンピューターやタブレットの持続可能性ファクターの認証を検討し始めています。3月、4月には、ノート型パソコンとタブレットの26モデルが、TCO Certifiedの新しい高度な持続可能性基準であるIT製品の第三者持続可能性基準に適合しました。最近認証されたのは、デルとレノボの製品です

リンク )。

     (写真:リンク

TCO Certified(リンク )を運営するTCOディベロップメント(リンク )CEOのソレン・エンホルムは、次のようにコメントしました。「仕事も日常生活も流動的です。ですから、私たちが使う機器はより小さく、ポータブルで、より頻繁にアップグレードされるようになっています。テクノロジーが環境や人に及ぼす影響を減らす(リンク )ため、新製品を購入する場合は、自覚と意識を持って持続可能性についての判断(リンク )をしなくてはなりません。主要ITブランドが製品をより持続可能にするためにTCO Certifiedを利用するなら、それは正しい方向への第一歩です」

現在TCO Certifiedのコンピューターとタブレット:(リンク

TCO Certifiedを受けたコンピューターやタブレットは、塩素系/臭素系難燃剤、重金属、フタル酸DEHP、BBP、DBP、DIBPなどの有害物質の含有量が少なくなっています。認証済みの製品モデルは、社会的責任のあるメーカーにおけるブランド発展のより厳しい認証基準にも適合します。

エンホルムは、「持続可能性に重点を置くことは、今のIT産業における明らかな傾向となっています。各ブランドは自社のビジネスの環境的、社会的側面に注意を払う必要があり、そうでないと、持続可能に設計、製作された製品に対する顧客の高まる需要に応えられないというリスクを冒すことになります。メーカーにとっては、関連した製品認証を使用することが賢明な持続可能性戦略と言えるでしょう」と続けました。

IT グローバル市場の現状
世界のコンピューター販売は、2014年の3億1800万台に比べ、2015年は合計2億8160万台(リンク )でした。また、2014年に売れたタブレットが2億1600万台、携帯電話は18億台でした(リンク )。

TCOディベロップメントは、1992年以来1万点以上のIT 製品を認証しました。現在では、30のブランドから約900の認証済み製品が出ています。
詳細(リンク

TCOディベロップメントについて
TCOディベロップメントはIT部門で持続可能性を推進しています。TCO CertifiedのIT 製品向け持続可能性認証により、IT購入者はより持続可能なIT 製品を選ぶことができます。TCO Certifiedには、製造、使用、生産終了など、製品のライフサイクルを通して広範囲な環境的、社会的責任基準があります。製品モデルと製造施設は、第三者によりコンプライアンスの認証がされています。TCOディベロップメントは非営利団体が所有しており、スウェーデンのストックホルムに拠点を置いて、北米とアジアに進出しています。
問合せ先: TCOディベロップメント- Anna Pramborg(プレス) anna.pramborg@tcodevelopment.com  電話 +46-706676404

ソース: TCOディベロップメント


(日本語リリース:クライアント提供)



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事