logo

クララオンライン「MSPサービスfor Linux」に自動化機能を追加~運用自動化機能をフィックスポイントと共同開発~

株式会社クララオンライン(本社:東京都港区、代表取締役社長:家本 賢太郎、以下「クララオンライン」)は、株式会社フィックスポイント(本社:東京都渋谷区、代表取締役:三角 正樹、以下「フィックスポイント」)と、対応品質向上と障害対応時間の大幅短縮を実現したサーバ運用自動化機能を共同開発いたしましたことを本日発表いたします。
 本機能は、2014年11月より、クララオンラインが「MSPサービス for Linux」(以下「MSPサービス」)として一部のお客様にご提供してまいりましたが、1月下旬より標準機能として提供を開始いたします。すでにMSPサービスをご利用中のお客様につきましても、順次自動化ツールへ移行の実施を予定しております。
 新たに追加する運用自動化機能は、フィックスポイントの運用自動化プラットフォーム「Kompira」をベースに、クララオンラインのサーバ運用技術を追加統合し、サーバ運用の監視・メール通知・自動音声電話・一次対応(自動復旧)を自動化したものです。
 今回運用自動化機能が標準化されたMSPサービスは、クララオンラインのサーバやクラウドだけではなく、AWS、Microsoft Azure、NIFTY Cloud等の他社サービスでの利用を実現いたしました。また、すでにクラウドサービスと物理サーバをハイブリッドでご利用中の場合も一元的な運用・管理をすることが可能となります。
 今後も機能を順次追加し、お客様のご要望に沿ったソリューションをご提供してまいります。
【MSPサービス for Linuxの特長】
●サーバを選ばず汎用的に利用が可能
クララオンラインのサーバだけではなく、AWS、Microsoft Azure、NIFTY Cloud、さくらインターネット等他社サービスでもご利用いただけます。クラウドサーバと物理サーバでのハイブリッド利用の場合も、一元的に管理することが可能です。
●障害対応にかかる負荷や対応時間の大幅削減
障害対応の自動化を実現し、サーバ異常を検知し次第、所定の手順で自動復旧を実施します。復旧しなかった場合のみお客様へ自動通知(エスカレーション)を実施いたします。(※1) そのため障害対応にかかる工数負荷や対応時間を大幅に削減することが可能です。
●アラートの自動判断により対応を最小限にとどめた設計
アラート検知後に即時正常化を実施する一般的なサービスに対し、アラートを自動判断するため、不要な再起動等の対応を最小限にとどめることを可能にしました。
●自動電話通知機能の追加
メールのみでの通知に比べ、自動電話通知機能を追加することで、より迅速に重大な障害へ初期対応が可能です。(※1)
●迅速な対応を低価格でご提供
人的対応サービスの品質を保持し、運用自動化により価格を大幅に抑えたサービス提供が可能となりました。

【新たにご提供を開始するMSPサービスfor Linuxの機能および料金】 (料金は1台あたり)
●監視通知プラン
 機能:監視・メール通知・自動電話通知
 料金(※2)
   初期費用: 5,000円
   月額費用: 2,500円
●一次対応プラン
 機能:監視・メール通知・自動一次対応・自動電話通知
 料金(※2)
  初期費用: 5,000円
  月額費用: 10,000円
※1 監視通知プランは、一次対応は含まれておりません。
※2 別途クラウド利用料金、サーバ料金が必要となります。
 
【 株式会社クララオンラインについて】
Webサイト:リンク
株式会社クララオンラインは、日本・中国・シンガポール・台湾・韓国の 5 つの国と地域でインターネットインフラサービスおよびコンサルティングサービスを提供しております。

【株式会社フィックスポイントについて】
Webサイト:リンク
株式会社フィックスポイントが提供する「Kompira」は様々なシステムと連携し、既存システムを有効活用しながら自動化を行うことが可能です。
運用自動化を推進する企業として、お客様のビジネスの進化をサポートいたします。

【本リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社クララオンライン
グローバルソリューション事業部
電話:03-6704-0778
E-mail:sales@clara.ad.jp

※本リリースに記載されている会社名、システム名、製品名などは一般に各社の登録商標または商標です。
※特に記載がある場合を除きすべて税抜表示料金です。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。