logo

K-Swiss Global Brandsが首脳人事発表

K-Swiss Global Brands 2016年01月07日 10時13分
From 共同通信PRワイヤー

K-Swiss Global Brandsが首脳人事発表

AsiaNet 63006(0018)

【ウェストレークビレッジ(米カリフォルニア州)2016年1月6日PR Newswire=共同通信JBN】
*K-Swiss Brandの社長にバーニー・ウォーターズ氏

E-Land Groupの1事業部門でK-Swiss(リンク )、Palladium(リンク )、PLDM、OTZ Shoes(リンク )、SUPRA Footwear(リンク )(SUPRA)、KR3W Denim Co. (リンク )(KR3W)各社のオーナーでもあるマルチブランド・ライフスタイル企業のK-Swiss Global Brands(KSGB)は、同社首脳部の再編を発表した。6日付で、KSGBのトルーマン・キム会長は会長兼最高経営責任者(CEO)に就任し、2年間KSGB社長兼CEOを務めたラリー・レミントン氏は退任する。KSGBは今後専任のブランドリーダーの元に、ブランド固有のリーダーシップモデルに向かって前進する。

Logo - リンク

また同日付でバーニー・ウォーターズ(Barney Waters)氏がK Swissのブランド社長に就任する。ウォーターズ氏はこれまでKSGBの最高マーケティング責任者(CMO)として、すべてのブランドに関わるブランドおよびマーケティング戦略を構築した。ウォーターズ氏は今後、社長として特に有名なK-Swissブランドに関わるすべてに注力することになる。

キム会長兼CEOは「このダイナミックなマルチブランド企業を創り上げる上でラリー・レミントン氏の果たした献身と貢献に感謝している。今回の新モデルのもとで、IT、財務、会計、業務運営といったバンクエンドで各社が共有しているサービスを活用しながらも、各ブランドに今まで以上の注意を払っていくことになると考えている。顧客にさらに奉仕するため、規模と利益性を確立して当社の効率性を最適化したいと考えている」と語った。

KSGBはE-Land Groupの1部門で、アパレル、フットウエア、小売り、ホテル、レジャー、エンターテインメント部門で200以上のブランドと1万の小売店、事業を擁する収益100億ドルのグループ企業である。

▽K-Swiss Global Brands(KSGB)について
K-Swiss Global BrandsはE-Land Groupの1部門として、E-Landの米州と欧州中近東アフリカ(EMEA)における事業拠点としての役割を果たしている。KSGBはK-Swiss、Palladium、PLDM、OTZ Shoes、SUPRA Footwear、KR3W Denim Co.を含む大手、グローバルのライフスタイル・ブランドの成長するポートフォリオを所有している。同社の世界本社は米カリフォルニア州ウェストレークビレッジにあり、トロント、ハーレム、リヨン、バルセロナ、シドニー、東莞、香港、台北に事務所がある。KSGBは世界100か国以上で事業を行っており、2016年第1四半期までに500の自社小売店が営業することになる。

▽E-Land Groupについて
1980年に韓国で設立されたE-Landは韓国有数の複合企業に成長、主としてファッション、小売り流通に特化している。E-Landは韓国初で最大のファッション・小売り総合企業であり、韓国、中国、インド、米国、イタリア、英国など3大陸、9カ国で営業している。グループは60を超える関連企業で構成され、200近いブランドを提供、世界で1万店以上に展開し、2014年の収益は約100億米ドルに達した。E-Landの最近の事業はK-Swiss Global Brandsのほかレストラン、建設、レジャーを含む。同社はE-Land Foundationを通じて内外のコミュニティーサービスに積極的に取り組んでおり、韓国、インド、ベトナム、中国では最大級の市民活動企業になっている。

▽メディア問い合わせ先
Turner PR | Mariana DiMartino
m. +1-917-536-5411 | mariana.dimartino@turnerpr.com

ソース:K-Swiss Global Brands


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事