logo

Bombardier、沖縄の琉球エアーコミューターに最初のQ400貨客コンビ機を納入

JCN 2016年01月04日 11時50分
From JCN Newswire


Toronto, Ontario, Jan 4, 2016 - ( JCN Newswire ) - Bombardier Commercial Aircraftと、沖縄の琉球エアーコミューター株式会社(RAC)は、最初のQ400貨客コンビ機の納入と受納をしたことを、本日発表しました。カナダ、オンタリオ州トロントのBombardier工場で製造された同機は、RACから発注された5機のひとつです。RACはJALグループの構成企業で、2014年7月のファーンバラ航空ショーでQ400航空機の新しい異型である貨客コンビ構成のローンチカスタマーであることが発表されました。

「Q400貨客コンビ機のローンチオペレーターとなったことを、たいへん光栄に感じます。」と、琉球エアーコミューター社長の伊礼恭氏は述べました。「弊社では、お客様に最高の快適さと利便性をご提供することを目標にしています。Q400貨客コンビ機は、弊社のサービスを進化させるための理想的なプラットフォームとなるでしょう。沖縄諸島周辺の効率的な空の旅に選択肢を増やすことで、経済にも観光にも大きなメリットが生まれます。」

「今回のコンビ機初納入により、我々はQ400航空機プログラムでまたひとつ素晴らしい達成をしました。」と、Bombardier Commercial Aircraft社長のFred Cromerは述べました。「汎用性、実績ある信頼性、優れたパフォーマンスなどで世界各国から評価されているQ400航空機では、1クラス、2クラス、大容量、コンビなどの構成の中から最適なソリューションを選べるようになりました。これにより、今日のターボプロップ市場にはまたひとつ新たな変化が生まれます。」

「RACでは貨物需要が高く、旅客数が少ないか中程度の路線を運航することで、Q400貨客コンビ型航空機独自の潜在的な経済的メリットを得るでしょう。」と、Cromerは付け加えました。

「RACがBombardier Q Series航空機を信頼し続けてくださることに感謝し、その大胆で革新的な拡大戦略を支援することを光栄に感じます。」と、Bombardier Commercial Aircraft中国および北アジア販売VPのAndy Solemは述べました。「現在増強中の機材にQ400貨客コンビ型航空機が加わることで、同社は日本国内の路線を拡充し、貨物容量や積載量の増加が必要な南方の遠隔地にある島々への便数を増やすことができます。」

Q400貨客コンビ型航空機の積載量と柔軟性はセグメント最大で、現在利用可能な中では唯一の、複数構成可能な商用ターボプロップです。最も積載量の大きいレイアウトに収容できる貨物の最大重量は9,000 lb.(4082 Kg)、最大容量は1,150立方フィート(32立方メートル)です。この大量貨物バージョンでは、32インチのシートピッチに50人の乗客、29インチのシートピッチに58人の乗客がゆったりと座ることができます。Q400貨客コンビ機の「クラスC」貨物室は、業界の最新の法規制に対応して設計されています。

Q400航空機について

最新の21世紀型ターボプロップとして設計されたQ400航空機は、Q Series航空機ファミリーの中で開発時期がもっとも新しい機種です。比類ない性能、運航柔軟性、快適な乗り心地が特徴です。Q400 NextGen航空機は、標準的な単一クラス構成に加えて、快適な乗り心地を提供する2クラス型内装(オプション)、高密度市場向けの最大86座席の座席数追加構成(オプション)、貨客型構成で提供可能です。

ターボプロップとしての属性とジェット機のような機能と、業界トップクラスの乗客エクスペリエンスと環境フットプリントを組み合わせたQ400航空機は、非常に汎用性が高く、さまざまなビジネスモデルに適応できます。Q400航空機に置き換えられることの多い機種のジェット機と比較した場合、燃料燃焼が30%少ないため、炭酸ガス放出量を大幅に減らして、コスト効率を増大します。巡航速度が従来のターボプロップより160 km/時も速いため、ジェット機便のスケジュールとの飛行時間の差を数分に抑え、同時にもっと大型の単通路ジェット並みの座席コストを実現できます。大型プロペラを低いRPMで作動させ、騒音を抑えつつ大きなパワーを生み出すことができるので、都市中央部に適したオプションとなっています。

Q400航空機ファミリーには世界40か国で60社以上の所有者と運航会社が含まれ、全世界の飛行時間合計は600万時間以上に達しています。同機は、今までに全世界で3.70億人以上の旅客を運びました。Q400航空機は、長年にわたり運航業者のお客様にとって価値の高い資産として高い評価を受けており、現在はリース業者からの注目も高まっています。

Bombardierが受けた正式発注数は、Q400航空機全体で547機です。

画像: リンク

Bombardierについて

Bombardierは、航空機と列車を扱う世界トップのメーカーです。Bombardierは、現在のサービス提供をしながら未来を見つめ、どんな場所でも効率的で持続可能で、楽しい交通を求めるニーズに応えることで、全世界の移動手段を進化させています。弊社が世界の交通をリードしている理由は、車両・航空機やサービス、そして何よりも従業員です。

Bombardierの本社は、カナダ、モントリオールにあります。弊社の株はトロント証券取引所(BBD)で取引されており、Dow Jones Sustainability North Americaインデックスにも上場しています。2014年12月31日締め会計年度の売上高は、201億米ドルでした。ニュースと情報は リンク をご覧いただくか、Twitter @Bombardier をフォローしてください。

編集者向け注記

- 琉球エアーコミューターのQ400航空機の画像は www.bombardier.com に本プレスリリースとともに掲載されています。
- Q400航空機について詳しくは、 リンク をご覧ください。
- Bombardier Commercial Aircraftからの最新ニュースと情報はTwitterで @BBD_Aircraft をフォローしてください。
- プレスリリースを受信するには、BombardierウェブサイトのRSS Feedセクションをご覧ください。 リンク

Bombardier、Dash 8、Q400、Q SeriesおよびThe Evolution of Mobilityは、Bombardier社とその子会社の商標です。

お問い合わせ情報
Marianella de la Barrera
Bombardier Commercial Aircraft
+1-416-375-3030
marianella.delabarrera@aero.bombardier.com
www.bombardier.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事