logo

「FFR yarai」教育機関向け特別ライセンスを12月18日より提供開始 ~教育機関のサイバーセキュリティ対策を支援~

株式会社FFRI 2015年12月18日 11時00分
From DreamNews

サイバーセキュリティ領域において国内で独自の研究開発活動を展開している株式会社FFRI(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:鵜飼裕司、以下 FFRI)は、標的型攻撃対策ソフトウェア「FFR yarai」の教育機関向け特別ライセンスの提供を2015年12月18日より開始いたします。



重要インフラ指定を受けているにも関わらず、セキュリティ対策の進まない国立大学等の教育機関

国立大学等の教育機関は、内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)から重要インフラ指定を受けており、現在、早急なセキュリティ対策が求められています。しかしながら、こうした教育機関において予算等が問題となり、セキュリティ対策の遅れが生じています。



教育機関のセキュリティ対策を支援する、2種の「FFR yarai」特別ライセンス

FFRIでは教育機関のセキュリティ対策を支援すべく、特別価格で「FFR yarai」をご利用いただける「アカデミック・ライセンス」(教育機関向け)と「アカデミック・リサーチ・ライセンス」(大学等でサイバーセキュリティ研究を行う研究室向け)の2種の特別ライセンスを提供いたします。

「アカデミック・リサーチ・ライセンス」は、大学等でサイバーセキュリティ研究を行う研究室を対象にしたライセンスです。導入後はFFRIへのマルウェア検体の提供や情報交換、共同研究事例の公開等にご協力いただき、FFRIのサイバーセキュリティ対策研究に役立てます。

FFRIは「FFR yarai」教育機関向け特別ライセンスの提供を皮切りに、今後も重要インフラ・教育機関のサイバーセキュリティ対策を支援してまいります。




【製品名称】
FFR yarai  
リンク

FFR yarai防御実績ページ
(防御した攻撃・マルウェア一覧)
リンク

【教育機関向け特別ライセンスの提供開始日】
2015年12月18日

【教育機関向け特別ライセンスの種類】
◎アカデミック・ライセンス
対象:学校教育法第一条で定められた幼稚園、小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、
   盲学校、聾学校、養護学校、大学 (大学院/短期大学を含む)、高等専門学校
価格:通常ライセンスの半額
利用条件:FFRIホームページやカタログ等での学校名の公開をご承諾いただけること
購入方法:お問い合わせフォーム
     リンク
     よりお問い合わせください。FFR yarai販売パートナーをご紹介いたします。

◎アカデミック・リサーチ・ライセンス
対象:学校教育法第一条で定められた大学 (大学院/短期大学を含む)で、サイバーセキュリティ
   研究を行う研究室(※1)
   ※1 マルウェアに関する研究発表等の実績があることが条件になります。
価格:無償(※2)
   ※2 協議の上、利用期間を規定させていただきます。
利用条件:研究室を窓口とし、研究目的のみでの利用に限定。
     FFRIへのマルウェア検体の提供、情報交換、共同研究事例の公開等、FFRIのサイバー
     セキュリティ研究にご協力をいただきます(※3)。
     ※3 詳細はFFRIにお問い合わせください。
購入方法:お問い合わせフォーム
     リンク
     よりお問い合わせください。


■株式会社FFRIについて

当社は2007年、日本において世界トップレベルのセキュリティリサーチチームを作り、IT社会に貢献すべく設立されました。現在では日々進化しているサイバー攻撃技術を独自の視点で分析し、日本国内で対策技術の研究開発に取り組んでいます。研究内容は国際的なセキュリティカンファレンスで継続的に発表し、海外でも高い評価を受けておりますが、これらの研究から得られた知見やノウハウを製品やサービスとしてお客様にご提供しています。主力製品となる、「FFR yarai」はミック経済研究所調べ(※4)によるエンドポイント型標的型攻撃対策分野における出荷金額においてNo.1を獲得しております。

※4 出典:「情報セキュリティソリューション市場の現状と将来展望2015【外部攻撃防御型ソリューション編】」



本件に関するお問い合わせ先 
写真・資料等がご入用の場合もお問い合わせください。

株式会社FFRI
経営管理本部 PR担当
TEL:03-6277-1811
E-Mail:pr@ffri.jp  
URL:リンク



「FFRI」、「FFR yarai」は、株式会社FFRIの登録商標です。
その他すべての社名、製品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。
出典資料の引用等、調査会社の著作物を利用する場合は、出典元にお問い合わせください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事