logo

ジェネシス、オムニチャネルCXの共創スペース「CX(カスタマーエクスペリエンス)センター」をオープン

東京-2015年12月9日-ジェネシス・ジャパン株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 田中良幸)は12月9日、企業様ごとに最適化した次世代オムニチャネル・カスタマーエクスペリエンスの姿をお客様と共創するスペースとして、自社オフィス内に「ジェネシスCX(カスタマーエクスペリエンス)センター」をオープンします。国内ではまだまだ成功事例の少ない、コンタクトセンターや店舗をはじめとするヒューマン・チャネルとWeb/モバイル/ソーシャルといったデジタル・チャネルを完全に統合した真のオムニチャネル・ソリューションの普及を進めるための拠点となります。

インターネット、ソーシャル、モバイルといったデジタル化の進展や商品のコモディティ化など、さまざまな環境変化によって、企業と顧客の関係性が大きく変わり、商品やサービスを選択する際のイニシアチブが企業から消費者に移りつつあります。企業が今後、成長を続けるためには、大量消費時代のようにいかに商品やサービスを多く販売するかという視点から、いかにお客様に選択してもらい、継続的な顧客との関係を築くかということに徐々にシフトする必要が出てきています。そのための競争力や差別化のポイントとして注目を集めているのが“カスタマーエクスペリエンス“です。中でもコンタクトセンターや店舗など人が介在するチャネルと、Web、モバイル、ソーシャルなどに代表されるデジタル・チャネルが混在し、複雑化が進む顧客接点における対応がカスタマーエクスペリエンスに大きく影響するようになり、現在、企業ではヒューマンとデジタルのチャネルをシームレスかつ有機的に統合したオムニチャネル化が求められてきています。

ジェネシス・ジャパンでは、従来のソフトウェア提供に加え、サービス部門を強化することで、企業ごとに最適化したオムニチャネル・ソリューションの提供を推進しています。具体的には、サービスデザインをベースにしたジェネシス独自のコンサルティング手法「WoW(ワオ)メソッド」によって、顧客像(ペルソナ)とカスタマージャーニーを描きながら企業と顧客の最適なコミュニケーションのプロセスを設計し、それをベースにジェネシスのソリューションをカスタマイズすることで企業様ごとに最適化したITプラットフォームをデザインします。「ジェネシスCXセンター」はこの取り組みの拠点になり、各企業にとって最適な顧客接点のあり方やカスタマージャーニーをディスカッションできるスペースや、各企業の課題に沿ってカスタマイズしたオムニチャネル・ソリューションのデモンストレーションを、従来のブリーフィングセンターとは違ったリラックスした環境の中で体験いただくことができます。

ジェネシス・ジャパン代表取締役社長の田中良幸は、ジェネシスCXセンターのオープンにあたり、「サンフランシスコ本社をはじめ、世界でもまだ数ヶ所しかオープンしていないCXセンターを東京に開設したことは、ジェネシスにとって日本が重要なマーケットの一つであることを意味しています。弊社のユーザー企業様、ジェネシス・ソリューションの導入を検討いただいているお客様、パートナー企業様と一緒に、サービスデザインをベースにした企業と顧客との新しい顧客接点のかたちを創造し、CXセンターを日本におけるカスタマーエクスペリエンスの発信地として活用していきたいと考えています」とコメントしています。

CXセンターご利用は、以下のサイトからお申し込みいただけます。
リンク

ジェネシスについて
ジェネシスは、クラウド型およびオンプレミス型のオムニチャネル顧客体験(CX)およびコンタクトセンター・ソリューションのマーケットリーダーです。あらゆる規模の企業が優れた顧客体験を提供し、事業を成功に導けるよう支援しています。Genesysのカスタマーエクスペリエンス・プラットフォームは、すべてのタッチポイント、チャネル、インタラクションにおいて最適なカスタマージャーニーを一貫して提供できるようにし、顧客を企業の支持者へと変えていきます。ジェネシスは、世界80か国にわたる4,500社以上のユーザー企業から信頼をいただいており、毎日1億件以上のデジタルおよび音声によるインタラクションを処理しています。
リンク



ジェネシス・ジャパン株式会社 マーケティング本部
斉藤 哲也
Tel: 03-6361-8960 Fax:03-6327-7955
Email: tetsuya.saito@genesys.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。