logo

豊田合成「東京モーターショー2015」に出展

豊田合成株式会社 2015年10月15日 11時08分
From PR TIMES

~ Technology for a brighter Global future ~

 豊田合成株式会社(本社:愛知県清須市、社長:宮崎 直樹)は、10月28日(水)~11月8日(日)に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される「第44回東京モーターショー2015」に出展します。
 「~Technology for a brighter Global future~ ゴム・樹脂の高分子技術とLEDで世界にうれしさを届けたい」をテーマに、安全で環境にやさしく快適なクルマづくりに貢献する豊田合成の幅広い製品・技術を紹介します。

豊田合成:リンク



[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]



1.主な展示品
1-1. 安全・環境
(1) 安全・環境ワイヤーモックデモカー
 各種「エアバッグ」や「ミリ波レーダ対応エンブレム」など、安全性能向上に貢献する製品や、「軽量ウェザストリップ」や「樹脂フューエルフィラーパイプ」、「車載LED製品」など、環境性能向上に貢献する製品の搭載位置や特徴を分かり易く紹介します。
[画像4: リンク ]


(2) エアバッグシミュレータ (体験型展示)
 前方衝突時のエアバッグ展開を模擬的に体験できます。

1-2. 快適
(1) 車載LED製品
 自動車部品とLEDの技術を融合させ開発した「LED面発光ドームランプ」や「LEDラジエータグリルイルミネーション」などを展示します。

(2) キャップレスデバイス
 ノズルを差し込むだけで給油できる便利な「キャップレスデバイス」を体験できます。

1-3. 将来 (参考出品)
(1) エアバッグカー“Flesby (フレスビー)”
 「エアバッグメーカーの豊田合成」が提案する、2030年頃の超小型モビリティを想定したデザインコンセプトモデルを参考出品します。
 歩行者と衝突した際の衝撃をボディが膨らむことで緩和する安全機能や、LEDの光を用いて安全に関する情報を周囲に知らせるコミュニケーション機能などを有しています。

(2) ツナガルコックピット“Link” (体験型展示)
 「人とクルマ、クルマと景色が“ツナガル”」をテーマに、ドライバーにとって快適な近未来のインテリアコンセプトを参考出品します。
 ハンドルなどでドライバーの体調や気分を読み取り、その状態に応じた空間を照明や音楽、香りで演出します。また、自動運転を想定したシーンでは車外の景色を取り込みLEDの光を用いて車内に表現する新しい空間演出機能も体験できます。

2.プレスブリーフィングのご案内
 当社社長によるプレスブリーフィングを以下のとおり実施しますので、是非ご来場ください。
 日   時 :2015年10月29日(木) 10:00~10:15
 場   所 :東京ビッグサイト 豊田合成ブース (東ホール4・5・6 E6111)
 プレゼンター:取締役社長 宮崎 直樹


■本件に関するお問い合わせ先
 豊田合成(株) 総務部 広報室 半田、永井 (TEL 052-400-1055)

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事