logo

人気トラベルサービスの米DUFLが日本最大の航空会社ANAのマイレージクラブと提携

DUFL 2015年09月30日 10時53分
From 共同通信PRワイヤー

人気トラベルサービスの米DUFLが日本最大の航空会社ANAのマイレージクラブと提携

AsiaNet 61950

【テンピ(米アリゾナ州)2015年9月30日PR Newswire】
*ANAマイレージクラブ会員はDUFL使用でマイルがたまる

世界のトラベルにおける常識を変えた人気沸騰のスタートアップ、DUFLは28日、日本最大の航空会社、全日本空輸株式会社(ANA)とANAマイレージクラブ会員がDUFLの使用でマイルをためることができる提携を結んだと発表した。ANAマイレージクラブ会員はDUFLに費やす2ドルごとに1マイルを獲得し、そのマイルを国内外のフライト、レンタカー、さまざまな店舗におけるショッピング、レストラン、ホテル、さらに世界中の多くのサービスに利用できる。

DUFLは出張における荷物の煩わしさから旅行者を解放するプレミアムトラベルサービス。出張で必要な服や靴をクリーニングしたうえで保管し、指定された滞在先へスーツケースに詰めて届ける。DUFLでは預かった洋服や靴は個人専用のクローゼットで保管し、アプリを通じて出張ごとに必要なものを指定できるようになっている。出張や旅行の日程、滞在先を指定すれば、お荷物は先にホテルへ届けられる。帰宅の際は、ピックアップサービスを予約し、DUFLがスーツケースをホテルから回収し、再び洋服をクリーニングして次の出張や旅行までクローゼットにて保管するという仕組み。* 2015年10月現在米国のみのサービスとなるが、順次グローバル展開を予定。尚、米国サービスにおいてクローゼットを保有している場合、世界主要都市にスーツケースを送ることは可能。

ANAはSKYTRAXが最高の5スターにランク付する日本唯一の航空会社であり、顧客の満足とイノベーションに揺るぎないコミットをしている。ANAはグローバルな航空会社のネットワーク、スターアライアンスのメンバーで、加盟航空会社27社のどれを利用しても会員はマイルを獲得できる。ANAマイレージクラブ会員はDUFLにアクセスし、マイレージ会員番号を登録すれば、DUFLで使った金額に応じて自動的にマイルがたまる。それは多様な特典と交換できるマイルである。

日本をベースとする米DUFL共同創業者兼DUFL Internationalプレジデントの塚本信二氏は「ANAは、世界中の多くの出張者に最上級のトラベル体験を提供することにコミットしているグローバルエアラインであり、DUFLの目指す価値提供と合致する。DUFLがクリーニング、荷造りそしてバッグ搬送の管理を担うため、出張者はビジネスに集中することができる。ユーザーは、出張中やその前後に費やす時間を取り戻し、出張をより生産性の高いものにすることが可能となる。これからはDUFLを通してロイヤリティプログラムでマイルを取得することが可能になった」と語った。

ANAのロイヤリティマーケティング部部長の稲田剛氏は「DUFLは革新的な新サービスで出張者の生活を一段と簡便にしており、我々はDUFLを使って価値あるマイルをためることができる提携によって、ANAマイレージクラブ会員にこの新サービスを紹介できること大変嬉しく思う。頻繁に出張するお客様にとり、アプリで荷造りを指定の上、個人のDUFLクローゼットから滞在先に荷物を届けてくれるこのサービスを楽しむはずである。これはDUFLとの連携の始まりにすぎない。われわれは彼らと協力して、会員にさらに有益で価値あるサービスを提供することを楽しみにしている」と語った。

ANAマイレージクラブ会員は本日より、DUFLでマイレージ会員番号を登録し、DUFLを使用することでマイル獲得を開始できる。DUFLに関する詳しい情報はwww.dufl.com/jp を参照。
ANA内詳細ページは下記参照。
リンク

▽DUFLについて
DUFLは旅行や出張の際の移動の常識を変える。搭乗時間より何時間か前に空港に行かなくてはいけないという常識、重量オーバーの荷物に追加料金を支払わなくてはいけない常識、バゲージクレームで荷物を待つ常識、荷物について色々気を配るという常識。
DUFLアプリによって出張や旅行の多いトラベラーは移動の自由を手にする。安全なDUFLプラットフォームを通じて旅行者の荷物を指定の場所に指定の時間に届ける。出張や旅行の度に、服はクリーニングされ、指定の保管状態でクローゼットに収められ、次回の旅行・出張に備えている。無料のDUFLアプリをダウンロードしアカウントを作って始めよう。詳細は www.dufl.com/jpへ。* 2015年10月現在米国のみのサービスとなるが、順次グローバル展開を予定。尚、米国サービスにおいてクローゼットを保有している場合、世界主要都市にスーツケースを送ることは可能。

▽ANAについて
全日本空輸株式会社(ANA)は売上高、乗客数で日本最大の航空会社である。1952年創業のANAは現在、国際73路線、国内120路線で運航している。ANAグループは従業員3万5000人を抱え、航空機242機を保有している。2014会計年度には乗客5040万人を運び、1兆7100億円の売上高を記録した。ANAは1999年以来、スターアライアンスのメンバーで、太平洋横断・アジア路線でユナイテッド航空と、日本・欧州路線でルフトハンザ、スイスインターナショナルエアラインズ、オーストリア航空と提携している。フリークエント・フライヤー・プログラム、ANAマイレージクラブには2600万人以上の会員がいる。ANAはAir Transport World Magazineから「Airline of the Year for 2013」に選定され、2015年には世界の大手航空会社・空港評価サイトのSKYTRAXから3年連続で5スターに選ばれた。ANAはボーイング787ドリームライナーのローンチカスタマーにして最大のオペレーターである。

ソース:DUFL

▽問い合わせ先
Jennifer Headley
+1-267-758-2637
jheadley@sspr.com

(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。