logo

オーストラリア・ビクトリア州のダニエル・アンドリュー州首相が中国国際航空本社を訪問

中国国際航空(エアチャイナ) 2015年09月24日 17時06分
From 共同通信PRワイヤー

オーストラリア・ビクトリア州のダニエル・アンドリュー州首相が中国国際航空本社を訪問

AsiaNet 61913(1232)

【北京2015年9月23日PR Newswire=共同通信JBN】オーストラリア・ビクトリア州のダニエル・アンドリュー州首相が北京を訪れ、中国国際航空(エアチャイナ)の本社での発表に臨んだ。エアチャイナのワン・ミン・ユアン副社長が州首相と同行の代表団メンバーを歓迎した。

中国とオーストラリアは昨年11月に中国・オーストラリア自由貿易協定(CHAFTA)に署名、相互関係が強化されている。CHAFTAは政府関係、貿易、経済、文化活動における両国の協力と交流の成長を確認した。2015年を通じてエアチャイナはメルボルン路線の旅客輸送能力を60%拡大する計画で、これはエアチャイナが30年前にオーストラリア市場に参入して以来、年間としては最大の伸びとなる。

エアチャイナは北京・メルボルン間の直行便が2015年10月25日から毎日就航することを発表した。メルボルンと北京を結ぶ直行便を運行するのはエアチャイナだけである。同社はメルボルン・上海間の直行便を週4回就航させる。両ルートの使用機体は最新のエアバスA330-200でフラットベッド28席のビジネスクラス、シート間隔32インチの贅沢な199席のエコノミークラスを用意している。

エアチャイナのビジネスクラス乗客は北京のほか中国の大都市8市で運転手付きのリムジンサービスの無料提供を受けられる。到着地でのラウンジサービスとしてシャワーと更衣室も用意している。オーストラリア出発で中国、欧州、日本、北米に向かう航空会社の中ではエアチャイナは寛容な手荷物重量制限をサービスしている。

▽エアチャイナについて
エアチャイナは中国で唯一のナショナル・フラッグキャリアーで、世界で最大のエアラインネットワーク、スターアライアンス(Star Alliance)のメンバーである。2015年8月現在で、エアチャイナの運用機数は523旅客機・貨物機で、大部分がボーイング社、エアバス社の製造である(エアチャイナが過半数の所有権を保有している機体を含む)。エアチャイナは350路線で運行、うち国際線は87、地域路線は16、国内線は247である。エアチャイナの就航先は35カ国・地域の168都市、58国際都市、4地域都市、国内106都市に就航している。毎週エアチャイナは7700便で147万座席を用意している。

より詳しい情報は www.airchina.com.au を参照。

写真キャプション:オーストラリア・ビクトリア州のダニエル・アンドリュー州首相とギフト交換するエアチャイナのワン・ミン・ユアン副社長
(Photo - リンク

(Logo - リンク

ソース:Air China

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。