logo

3Mの技術協力の下、世界最古のボードゲームの一つ”チェス”をリデザイン 究極のマインドスポーツ「電撃戦-Speed Chess-」を開発

株式会社バスキュール 2015年09月09日 15時59分
From PR TIMES

<9月17日(木)~18日(金)・東京ゲームショウ2015 ビジネスデイにて一般公開>

 株式会社バスキュール(東京都港区)・株式会社サルボ(東京都渋谷区)は、「最先端のテクノロジーやデバイスは、ゲームをあらゆる制約から解き放ち、もっと楽しくすることができる」をコンセプトに、ゲームやプロダクトのプロトタイプ開発を行う有志プロジェクトを発足。
 その第一弾として、世界最古のボードゲームの一つであるチェスに着目。ルールの根幹とも言えるターン制という概念自体からアップデートすることに挑み、チェスをよりエキサイティングな究極のマインドスポーツとしてリ・デザインした、「電撃戦-Speed Chess-」を開発。9月17日(木)~18日(金)、幕張メッセで開催される「東京ゲームショウ2015」のビジネスデイにて一般公開いたします。



 チェスは2人のプレイヤーが交互に駒を動かして敵のキングを追いつめるボードゲームですが、「電撃戦-Speed Chess-」はチェス盤に”60点マルチタッチ”と”高速応答性”を併せ持つ3Mのマルチタッチディスプレイを採用し、6種16個の駒一つ一つに時間軸を持たせる(駒に1回動かしてから次に動かせるまでの時間をセットする)ことで、ターン制をなくし、2人のプレイヤーがリアルタイムに駒を動かし合いながら敵のキングを追いつめていくことを可能にしました。
 東京ゲームショウ2015のTEAM電撃戦ブースでは、実際に「電撃戦-Speed Chess-」をプレイ頂けますので、この機会に是非、高次元な判断力と瞬発力が要求される究極のマインドスポーツをお楽しみ下さい。

■「電撃戦-Speed Chess-」概要

[画像1: リンク ]



・東京ゲームショウ2015 ブース情報 
 【Hall3】「TEAM電撃戦ブース」
・オフィシャルサイトURL 
  リンク
・デモ映像URL 
  リンク
・仕様 
【チェス盤】3M™ Multi-Touch Displays(3M)
【駒】サイズ:φ40×h62~96mm、材質:スズ合金、
 仕上げ:表面は金属メッキ加工、底面は導電性シリコン


■プロジェクトリーダー

[画像2: リンク ]



原ノブオ Creative Director
Bascule Inc.に所属、、従来の広告領域にとどまらず、アーティストのプロデュースやテレビ番組制作等、エンターテインメント性の強いインタラクティブ・コンテンツを中心に、WEB/映像/テレビ番組/イベントなど様々な領域の企画・制作に携わる。愛犬家。


【コメント】
新しいおもちゃが欲しい。そんな子供のような衝動が発端でした。様々なものがデジタル化されていく時代。デジタルには既存のルールを変え、よりエキサイティングなものへと進化させるチカラがあると信じています。一方で、多くのボードゲームはデジタル化されても、ただスクリーンの中に閉じ込められただけのように感じていました。ターン制をリアルタイムストラテジー発想にアップデートするだけでも判断力・戦略の組み立てに、さらなるスピードと即時性が求められるのではないか?長い年月をかけて完璧なほどに洗練された名作に新たな興奮をもたらすことができるかもしれない。チェスという偉大なゲームの胸を借りてチャレンジしてみたくなりました。そして誕生したのが、この作品です。もし出会うことがあったら体験してみてください。遊んでもらうためにつくりました。

■プロジェクトメンバー

[画像3: リンク ]



加我俊介 Communication Planner
電通に所属、従来の広告領域にとどまらず、アーティストのプロデュースやテレビ番組制作等、ボーダレスに活躍。


[画像4: リンク ]



中山誠基 Technical Director / Producer
Bascule Inc.に所属、バスキュールが手掛ける多岐に渡るプロジェクトのテクニカル面を一手に支える。


[画像5: リンク ]



春日恵 Art Director
Bascule Inc.に所属、国内大手企業のWEBサイト/広告グラフィック/テレビとWEBの連動番組のアートディレクションを手掛ける。


[画像6: リンク ]



三上裕之 Interactive Art Director / Engineer
2006年にSalvo Inc.を設立。WEB、アプリ、ゲームなど、インタラクティブメディアの分野で数多くの作品を手掛ける。趣味はゲームとバスケ。


[画像7: リンク ]



佐渡大志 Interactive Art Director / Engineer
2006年にSalvo Inc.を設立。WEB、アプリ、ゲーム開発を手掛ける。シューティングゲームという死にジャンルを復興すべく個人的にも活動中。


[画像8: リンク ]


中岡将二郎 Sound Design
コンシューマゲームやアニメを始め多岐に渡って活躍。またインタラクティブなBGM再生システムのデザイン等、プログラミングも手掛ける。


[画像9: リンク ]



(株)BRAVO
イベント、プロモーションのプロデュース・演出・制作を行う総合プロダクション。本プロジェクトにはプロダクト制作で参加。


[画像10: リンク ]



  (株)キャッチボール
  素敵なモノ・コト・アイデアを広めるため、PR、メディアプランニングとビジネス
  開発を行うメディアエージェンシー。本プロジェクトでは広報・渉外を担当。


■技術協力

[画像11: リンク ]




チェス駒製作
シーフォース(株)は、皆様の「モノづくり」をサポートする為に、製造メーカー・専門商社の2つの軸でよりよいご提案を行っています。レーザー機器や3D機器などの機械から工具までの製造メーカーとして、また豊富な知識と経験を背景に、日本国内はもとより世界15カ国の販売拠点となり、開発・製造・技術アドバイスまで、お客様のご要望に迅速丁寧にお応えします。


[画像12: リンク ]




マルチタッチディスプレイ
3M(本社:米国ミネソタ州)は、Science(サイエンス)をベースに生み出されるイノベーションを通して、人々の生活を豊かにすることを目指します。売上高は320億ドルで、9万人以上の社員が200カ国のお客様に製品を提供。グローバルな課題に対する3Mならではのソリューションに関する詳しい情報は、www.3M.com/ @3MNewsroom (Twitter)をご覧ください。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。