logo

電通、西アフリカでのプレゼンス向上を目的に、ガーナのメディアエージェンシー2社を買収

株式会社電通 2015年08月03日 17時15分
From 共同通信PRワイヤー

2015年8月3日

株式会社  電 通

電通、西アフリカでのプレゼンス向上を目的に、ガーナのメディアエージェンシー2社を買収

 株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:石井 直、資本金:746億981万円)の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は、西アフリカでのプレゼンスを高めるため、ガーナの有力メディアエージェンシー2社、「Adams Media Ghana Limited」(本社:アクラ市、以下「アダムズ・メディア社」)と「Premier Media Company GH Limited」(本社:アクラ市、以下「プレミア・メディア社」)を買収することにつき、両社株主と合意しました。  
 本件は、最終的にはプレミア・メディア社を完全子会社化するアダムズ・メディア社の株式59.62%を電通イージス・ネットワークが取得する形での買収となります。

 株式取得後、アダムズ・メディア社(2009年設立)は当社グループの8つのグローバルネットワーク・ブランドの1つであるメディア・コミュニケーション・エージェンシー「Carat(カラ)」に、また、プレミア・メディア社(1999年設立)も同様に、グローバルネットワーク・ブランドのメディア・コミュニケーション・エージェンシー「Vizeum(ビジウム)」のネットワークにそれぞれ組み入れ、両社はともに最先端のメディア・ソリューション事業の担い手になることを目指します。なお、今後当社グループでは、これら2社を合わせた総称として「Dentsu Aegis Network Ghana」(電通イージス・ネットワーク・ガーナ)を使用していきます。

 ガーナは、西アフリカではナイジェリアに次ぐ経済規模を誇り、IMF(国際通貨基金)は2015年以降2020年に掛けても3.5~9.2%のGDP成長を遂げると推測しています。
 今回買収する2社は、マスメディアやデジタルメディアにおけるメディアプランニングやバイイングのケーパビリティーを有し、ともに多国籍企業の顧客を多く抱えています。両社を合わせた売上高シェアはガーナ市場において存在感のある規模を占めることから、「電通イージス・ネットワーク・ガーナ」は業界トップクラスのメディアエージェンシーになる見通しです。
 今後は、昨年8月に出資したナイジェリアのMedia Fuse(メディア・フューズ社)とも連携しながら、西アフリカおよび中央アフリカのハブとしての機能を担っていきます。


 なお、本件が当社の2015年12月期の連結業績に与える影響は軽微です。


【アダムズ・メディア社の概要】
社  名  : Adams Media Ghana Limited(アダムズ・メディア社)
        ・2013年からはCarat(カラ)と協力関係にあり、
         Carat Ghana(カラ・ガーナ)としての機能も担っていました。
本社所在地 : ガーナ アクラ市
設  立  : 2009年6月
株主構成  : 株式取得後
          電通イージス・ネットワーク 59.62%
          同社経営幹部他       40.38%
収益(Revenue): 526.5万ガーナセディ(約1.6億円)(2014年12月期)
         (アダムズ・メディア社とプレミア・メディア社の収益を合算)
代 表 者     : Andrew Ackah (CEO)
従業員数  : 44名
        (アダムズ・メディア社とプレミア・メディア社の従業員数を合算)
事業内容  : マスメディアやデジタルメディア広告のプランニングとバイイング


以 上



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。