logo

Rubyでグラフを作成! LazyHighCharts

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「Rubyでグラフを作成! LazyHighCharts」を公開しました。

###
こんにちは。 ゼネットの藺藤です。
さて突然ですが、「Rubyでプログラミングした後、得られたデータをグラフ化したい」という時、
皆さんはどうしますか?

今回はRubyを使って色々なグラフを描くことができる「LazyHighCharts」を紹介したいと思います。(*1)
LazyHighChartとは、「HighCharts(*2)」というJavaScript製グラフライブラリをRubyでラップしたGemです。
元になっているHighCharts 自体、様々な種類のグラフに対応した便利なライブラリですが、これをRuby言語で平易に
扱えるようにしたものです。 Railsアプリケーションで綺麗なグラフを描画したい場合に使えるでしょう。
LazyHighChartを使うと、例えば、次のようなグラフを描画できます。

画像1

多くのケースでは、グラフを作成するときは次のようなフローに従うのではないでしょうか。

(1) データストアからプログラムへのデータ読み込み
(2) データの加工
(3) グラフ描画(プレビュー、及び修正を加えて再描画)

具体的にRailsを使ったWebアプリの場合を考えてみます。
この場合、Railsには「データの取得」と「データの加工・返却」までを担当させ、グラフの描画はJavaScriptのライブラリに任せることが多いかもしれません。
もちろんこのようなやり方も悪くないのですが、サーバサイド(Rails側)で上記の(1)-(3)の全てを行ってしまいたい場合もあるでしょう。例えば、「どのグラフを描くのかを、データの内容に応じて柔軟に変化させたい」といった場合にはサーバサイドで全てを行う方がより容易に実現できそうです。
ここからは「(仮想の)X社の売上データをグラフ化する」ことを目標とし、実際にRailsを使ったサンプルアプリケーションを作ってゆきます。

この続きは以下をご覧ください
リンク

関連情報
http://resocia.jp/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事