logo

「三井ショッピングパーク ららぽーと海老名」10月29日(木)グランドオープン


三井不動産株式会社(所在:東京都中央区 代表取締役社長 菰田正信)は、本年10月29日(木)、神奈川県海老名市に駅直結型のリージョナル型ショッピングセンター「三井ショッピングパーク ららぽーと海老名」を開業いたします。

「三井ショッピングパーク ららぽーと海老名」は、小田急小田原線、相模鉄道本線、JR相模線の3路線が乗り入れる「海老名」駅と新たな連絡デッキで直結した、神奈川県央の新しいランドマークとなる商業施設です。

当施設は、先進的なデザインの空間に、選りすぐりのショップが262店舗出店。空間デザイン・ショップ・イベントの複合的な組み合わせによって新しい海老名のコミュニティの場となる施設のセントラルゾーン「EBICEN(エビセン)」、昼と夜で異なる雰囲気を演出し、ディナータイムも楽しめるフードコート「EVVIVA!(エヴィーバ!)」、人気のスーパーマーケットをはじめ、多彩なラインナップで新しい食のスタイルを提案する食物販ゾーン「EBINA Food Selection(エビナ フード セレクション)」に加え、ハイセンスなファッションや雑貨で上質なライフスタイルを発信する話題のショップを集結させました。


■「三井ショッピングパーク ららぽーと海老名」 コンセプト 
ターミナル駅直結の立地にふさわしい、洗練された空間。「ひと」と「ひと」が交流しあい、発信しあう拠点。都市の利便性を活かした、新しい交流の場所を目指し施設コンセプトを 『 Feel Urban , Feel Community 』 としました。


■「ららぽーと海老名」の特徴
都市型ショッピングスタイルとコミュニティを兼ね備えた駅直結型のららぽーと

(1) 「ひと」「もの」「こと」が集まり、新しい交流が生まれる、「ららぽーと海老名」のセントラルゾーン「EBICEN(エビセン)」を3・4階に配置

(2) 昼間はもちろん、アルコールとおつまみメニューの提供や空間演出などにより夜の時間帯も楽しめる、新しいスタイルのフードコート「EVVIVA!(エヴィーバ!)」

(3) 商品力に定評のあるスーパーマーケット「ロピア」を核に、バラエティ豊かなショップで構成された食物販ゾーン「EBINA Food Selection(エビナ フード セレクション)」

(4) さまざまな世代の生活スタイルに対応した、満足度の高い商品やサービスを提供する多彩な「高感度ショップ」

(5) 三井不動産(保有林の間伐材)×東京おもちゃ美術館(玩具監修)×大建工業(空間づくり)×パワープレイス(デザイン監修)が共同で手がけた、環境との共生を学べるキッズプレイエリア「Wood Cube(ウッドキューブ)」を設置

(6) 海老名駅西口エリアのまちづくりを推進する「一般社団法人海老名扇町エリアマネジメント」に参画

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。