logo

アーティセンがNFV/SDN、キャリアクラウド、放送ネットワーク、産業用、および軍事/航空宇宙用アプリケーション向けのMaxCoreプラットフォームを発表

JCN 2015年06月10日 10時35分
From JCN Newswire


TOKYO, Jun 10, 2015 - ( JCN Newswire ) - 本日Connected Media Tokyoでアーティセン・エンべデッド・テクノロジーズは、放送、ネットワーキング、クラウド、産業、および軍事/航空宇宙設備プロバイダによるSDN/NFV、仮想化マルチスクリーン動画インフラ、OTT動画、WebRTC、VoLTEなどのハイパフォーマンスネットワークコンピューティング機器の展開の簡素化と短期化を可能にするMaxCore(TM)アプリケーション対応プラットフォームを発表しました。産業用アプリケーションには半導体製造などが含まれ、軍事/航空宇宙アプリケーションにはレーダーやソナーシステムも含まれます。

アーティセンのSilver Lining(TM)ソフトウェアなどの業界標準ハードウェアおよびソフトウェアビルディングブロックを使って、お客様はOTT動画管理コストを節減し、放送、ストリーミング、ネットワーキング、および通信の新世代技術をサポートするインフラを構築できます。

汎用MaxCoreアーキテクチャにより、通信事業者は、単一プラットフォーム上で音声またはビデオトランスコーディングなどの、高密度単機能機器の構築や複数の独立した仮想ネットワーク機能(VNF)の構築ができます。3Uラック取り付け可能な筐体に入れられ、キャリアグレードインフラでのシステム構築用に設計されたアーティセンのMaxCoreプラットフォームは、必要に応じて拡張可能なだけでなく、クラウドインフラの資本支出や運用支出の節減に役立ちます。サーバープラットフォームには、サーバカードまたはネットワーキングIOカードとして柔軟に構成できる最大15枚のアドインカードを取り付け可能で、高パフォーマンスかつシンプルなケーブル不要の構成で接続できます。

「最新マイクロサーバや小型ブレードのハイパフォーマンスコンピューティングシステムは今まで、一種の専用機器の独占状態でしたが、お客様からはそこから抜け出たいという声をいただいていました。」と、アーティセン・エンべデッド・テクノロジーズのサーバ加速化マーケティング部長のLinsey Millerは述べました。「新型MaxCoreプラットフォームにより、この種の市場で初のオープンで標準ベースのオプションが可能になります。お客様は、アプリケーション専用のハードウェアプラットフォームを複数持たずに、資本支出と運用支出を保管できるようになりました。アーティセンのソリューションは、Silver Liningソフトウェアと組み合わせることで、SDN用のOpenFlowやNFV用のOpenStackをサポートしながら、通信事業者ネットワークのエッジからコアまで、複数のコンピューティングやメディア処理オファリング全体に拡張できますので、サービスプロバイダは共通の拡張可能ハードウェア上で、ePC、ファイアウォール/セキュリティ、DPI、セッションボーダおよびOTT動画仮想アプリケーションを実行できます。

Artesyn SharpStreamer(TM)アドインアクセラレータカードによりフル構成された単一の3U MaxCoreプラットフォームは、1080p HD動画の最大616のストリームをサポート可能です。これはラックユニットあたり200以上に相当します。同等のサーバープラットフォームでは、ラックユニットあたり90~110のHD動画ストリームと主張していますが、標準ラック取付サーバーを使った業界平均は、ラックユニットあたり5.54ストリームです。[1] G.711~G.729セッションで測定したスピーチトランスコーディングでは、通常の標準的なサーバーはラックユニットあたり最大4,600をサポートするのに対し、MaxCoreプラットフォームではラックユニットあたり31,000、フル3Uシステムで93,000をサポートします。標準的なラック取付サーバーは小規模な密度要件に適していますが、アーティセンのMaxCoreプラットフォームは、クラウドや高密度展開に最適化されています。Artesyn MaxCoreプラットフォームは、密度が高く柔軟なためフロア面積や消費電力を著しく節減するだけでなく、1Uサーバーと比較して14倍ものパフォーマンス密度、最大75%の設備コスト節減、90%以上の電力・冷却コストの節減など、非常にコスト効果が高いビデオトランスコーディング用スケールアウトインフラとなっています。

MaxCoreプラットフォームは、オープン技術をベースにしたクラウドインフラや管理ソフトウェアを使って、最大30個のIntel(R) Xeon(R)プロセッサDデバイスを搭載できる高密度の汎用ハードウェアアーキテクチャを統合します。この組み合わせによって、SDN/NFVインフラ、放送およびストリーミング設備、音声ビデオトランスコーディングソリューションなどの、ハイパフォーマンスコンピューティングネットワークコンピューティングアプリケーションの展開を簡素化および加速できます。

アーティセンのMaxCoreプラットフォームは、標準的なラック取付サーバーと専用機器の間のギャップを埋めるように設計されています。

従来型のラック取付サーバーは、少数のPCI Express IOカードを搭載した単一ホストプロセッサか、ローカルIO拡張機能がないか最小限の複数の独立サーバーノードを仮定しています。MaxCoreプラットフォームは、ケーブルなしで接続するアーティセンのマイクロサーバーカード、メディア加速化アドインカード、サードパーティのPCI Expressカードをどのように組み合わせても最大15枚までサポートするように、柔軟に構成できます。このプラットフォームでは、開発者が複数の接続サーバーを同じ筐体に実装できるように、ExpressFabric(R)という新型PCI Expressスイッチング技術をベースにした革新的な内部アーキテクチャを使用しています。インテグレータは、いくつかの独立サーバードメインを同じ筐体に作成するか、独立プロセッサでネットワーク入出力カードなどのPCI Expressカードを共有できます。

アーティセンのMaxCoreプラットフォームは、90-264 Vacまたは-48 Vdc電源で作動でき、冗長なホスト切り替え可能な冷却ファンと電源を搭載していますので、通信セントラルオフィス、ネットワークデータセンタ、またはIT設備環境の展開に最適です。

[1] データは、フロスト&サリバンの2014年グローバルメディアおよびエンターテイメントビデオトランスコーディング市場レポートに基づいています。サーバーあたりの平均コスト($6200)を使用し、ストリームあたり平均コスト($1119)で除算し、ラックユニットあたり5.54ストリームの平均値を算出しました。

画像
MaxCore Platform
リンク

企業ロゴ
リンク

メディアお問い合わせ先:
Alice Hui
+852 2176 3548
Alice.Hui@Artesyn.com
URL: www.artesyn.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。