logo

オートデスク、3D CG アニメーション制作ソフトウェアの新バージョンを4月16日より提供開始

オートデスク株式会社は、「Autodesk® Maya® 2016」および「Autodesk 3ds Max® 2016」などの3D CGアニメーション制作ソフトウェアの新バージョンと、これらをパッケージにした「Autodesk Entertainment Creation Suite 2016」を4月16日より出荷開始します。新バージョンでは、先進的な機能セットの採用、パフォーマンス、そしてシステム信頼性について強化を行いました。これらにより、より柔軟性の高いパイプラインと、クリエイティビティをより自由に発揮できる環境を実現しました。

新バージョン発売に際して、各ソフトウェアの新バージョン並びに制作事例をご紹介するイベントを以下の通り開催します。

【The day of 3ds Max】
日時:4月21日(火) 13:30-19:30
内容
・3ds Maxの新バージョンデモ
・株式会社アマナシージーアイ「3ds Maxで目指す究極の広告フォトリアル」
・有限会社オレンジ「艦隊コレクション -艦これ-」CGならではのアニメ表現の追及
場所:恵比寿 ザ・ガーデンルームおよびライブストリーミング中継
詳細:リンク


【The day of Maya】
日時:4月22日(水)13:30-19:30
内容
・Mayaの新バージョンデモ
・株式会社トランジスタデモ「森江氏の最新作メイキング紹介」
・Solid Digital Arts「アップルシード アルファ」メイキングストーリー
場所:恵比寿 ザ・ガーデンルームおよびライブストリーミング中継
詳細:リンク    


Autodesk Entertainment Creation Suite 2016のラインアップ
制作プロジェクトの規模や内容により必要なアプリケーション群を選べる柔軟性の高いパッケージ

【Autodesk Entertainment Creation Suite Standard 2016 内容構成】
含まれるソフトウェア名:
・Autodesk Maya 2016またはAutodesk 3ds Max 2016
・Autodesk MotionBuilder(R) 2016
・Autodesk Mudbox(R) 2016
発売日:4月16日
希望小売価格(税別)
・Desktop Subscription:322,000円
保守契約サービス付き期間限定ライセンス(1年契約、ベーシックサポート付きの場合)
・永久ライセンス:805,000円
・Maintenance Subscription:121,000円
永久ライセンスに付帯できる保守契約サービス


【Autodesk Entertainment Creation Suite Ultimate 2016 内容構成】
含まれるソフトウェア名
・Autodesk Maya 2016
・Autodesk 3ds Max 2016
・Autodesk Softimage(R) 2016
・Autodesk MotionBuilder 2016
・Autodesk Mudbox 2016
発売日:4月16日
希望小売価格(税別):
・Desktop Subscription:380,000円(1年契約、アドバンスサポ-ト付きの場合)   
・永久ライセンス:950,000円
・Maintenance Subscription:153,000円


各ソフトウェアの主な新機能

【Autodesk 3ds Max 2016】
発売日:4月16日
希望小売価格(税別):
・Desktop Subscription: 1年204,000円(1年契約、ベーシックサポート付きの場合)
・永久ライセンス: 510,000円
<主な新機能>
・Max クリエーション グラフ機能を新規に採用。スレート マテリアル エディタと似たビジュアル環境でグラフを作成し、新しいジオメトリ オブジェクトやモディファイヤを作成して機能を拡張可能。また、作成したグラフを新しいノード タイプとして定義したグラフ セットの保存、再利用が可能。作成したツールは他のユーザと共有して、グループ間でのツールセットの拡張に活用できる

・外部参照の非破壊的なアニメーション ワークフローのサポートと安定性を改善。チーム間および制作パイプライン全体のコラボレーションが容易に

・Autodesk MaintenanceまたはDesktop Subscriptionの契約ユーザは、当社のクラウドサービスA360のクラウド レンダリング サービスを 3ds Maxから直接利用可能に。これによりレンダリング中にPCが使用できなくなったり専用コンピュータを用意する必要がなくなり、時間とコストの低減に寄与

・Autodesk Translation Frameworkの新規搭載により、SolidWorks(R) など他社製3D CADデータの相互運用が可能に。また、Autodesk Inventor(R) で作成した拘束とジョイント ドライブのアニメーションを、3ds Maxでリグを構築することなく高品質な機械設計アニメーションの制作が可能に。


【Autodesk Maya 2016】
発売日:4月16日
希望小売価格(税別):
・Desktop Subscription:204,000円(1年契約、ベーシックサポート付きの場合)
・永久ライセンス:510,000円
<主な新機能>
・液体効果をシミュレーションするプロシージャエンジン「Bifrost」の機能を拡張

・カメラに近い場所では高解像度のシミュレーションを作成し、他の領域では泡のパーティクルの計算を軽減することにより、シミュレーション時間の短縮が可能

・ガイド付きシミュレーション ワークフローを新規に採用。キャッシュされたシミュレーションまたはアニメートされたメッシュ オブジェクトを使用して、液体の動作を制御可能。また、低解像度限界の液体シミュレーションを使用して、液体サーフェスの高解像度シミュレーションをガイド可能に

・アダプティブAeroソルバを新規に採用。煙や霧などの環境効果について、詳細かつ物理的な精度の高いシミュレーションを生成可能に

・オープン グラフを新規に採用。ノード ベース環境でシミュレーションの微調整やカスタマイズが可能に
 
・新しい並列評価システムを採用し、キャラクタ リグの再生と操作スピードが向上

・ワークフローの簡略化とユーザ インタフェースの改善により、ハイパーシェードでのマテリアルの構築と編集が直感的な操作で可能に。また、ノード エディタを再構築し、シェーディング コンポーネントの接続、配置、作業が容易に


【Autodesk MotionBuilder 2016】
発売日:4月16日
希望小売価格(税別):585,000円
<主な新機能>
・Storyツールの機能を強化して、複数のStoryクリップを処理するワークフローの効率を向上。また、Clip Alignmentオプションを新規に採用して、複数のクリップの位置合わせを効率化

・FCurve機能を強化して、Frame Start / EndやFrame Zoom Barなど使用頻度が高いフレーム機能にアクセスでき、FCurveウィンドウでアニメーション フレームを迅速に表示。また、FCurveエディタで最大100までの変換値を持つキーの表示と編集が可能に。複雑で大規模な制作環境にも対応可能


【Autodesk Mudbox 2016】
発売日:4月16日
希望小売価格(税別):69,000円


※希望小売価格は、日本における当該製品またはサービスに対するオートデスクのメーカー希望小売価格(税別)を示します。希望小売価格にインストール費は含まれません。オートデスク認定販売パートナー、販売店の販売価格はオートデスク認定販売パートナーおよび販売店が決定します。希望小売価格は参考値としてご参照ください。その他の諸条件が適用される場合もあります。

※オートデスク認定販売パートナー、販売店から購入される場合の価格は、直接パートナーや販売店にお問い合わせください。


以上

オートデスク株式会社概要
本 社:  東京都中央区晴海1-8-10  晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX 24F
代表取締役社長:ルイス・グレスパン
設 立: 1985年4月1日
資 本 金: 1億円
ホームページ: リンク

Autodesk、3ds Max、Maya、MotionBuilder、Mudbox、Softimageは、米国および/またはその他の国々における、Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。その他のすべてのブランド名、製品名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。該当製品およびサービスの提供、機能お
よび価格は、予告なく変更される可能性がありますので予めご了承ください。また、本書には誤植または図表の誤りを含む可能性がありますが、これに対して当社では責任を負いませんので予めご了承ください。

(c)2015 Autodesk, Inc. All rights reserved.

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。