logo

「Maison Landemaine Tokyo」  3/30(月)10時より、麻布台にグランドオープン

株式会社メゾン・ランドゥメンヌ ジャポン 2015年03月20日 19時00分
From 共同通信PRワイヤー

2015年3月20日

株式会社 メゾン・ランドゥメンヌ ジャポン


<パリ中が夢中の絶品クロワッサン&バゲットが遂に日本でも>
パリで話題の本格派ブーランジェリー・パティスリー
日本初上陸・世界展開第1号店

「Maison(メゾン) Landemaine(ランドゥメンヌ) Tokyo(トーキョー)」
3/30(月)10時より、麻布台にグランドオープン


 株式会社 メゾン・ランドゥメンヌ ジャポン (本社:東京都港区麻布台3-1-5/代表取締役社長:石川芳美)は、現在フランス・パリにて8店舗展開する、ブーランジェリー・パティスリー「Maison Landemaine (メゾン・ランドゥメンヌ)」の日本初上陸店であり、2015年よりスタートする世界展開第1号店「Maison Landemaine Tokyo(メゾン・ランドゥメンヌ トーキョー)」を2015年3月30日(月)に港区麻布台にオープンいたします。

 「メゾン・ランドゥメンヌ」は、パン職人であり実業家の石川芳美と、同じく実業家でパティシエとして活躍するロドルフ・ランドゥメンヌの二人が2006年にパリでスタートしたブーランジェリー・パティスリーで、オープン以来毎年1店舗ずつ出店を増やし、現在パリ市内に8店舗を展開しています。季節感を大切にしたコンセプトと品質の良さに定評があり、2011年パリのグルメガイド“ピュドロ”にて、ブーランジェリー・オブ・ザ・イヤー パリ“パリ最高パン屋賞”を受賞。また2013年仏フィガロ誌にて “パリで最も美味しいクロワッサン”第3位に選ばれました。
 「メゾン・ランドゥメンヌ」は、100%の手づくりにこだわり、“昔ながらの伝統的な商品と技術の継承”をコンセプトに、自家製天然酵母を使用し、低温長時間発酵でゆっくりと熟成させた、小麦の香り豊かな味わいが特徴のパンをご提供しております。原料の小麦やバターは最高級品質のものを厳選して使用、今回オープンの店舗で使用する野菜は群馬の有機野菜農家直送によるものを使用し、「安心・安全な体に優しいお料理」のご提供を主軸に考えております。
 
 この日本第1号店の出店をはじめ、イギリス・ドイツをはじめとするヨーロッパ地域や、パリ9号店もオープンを予定しており、今後は香港・シンガポール・タイ等の東南アジア諸国やエジプト等の中東諸国など、パリから世界へ向けて、「メゾン・ランドゥメンヌ」のエスプリを世界に向けて発信していく予定です。

※ランチタイム(平日11:30~14:30)とブランチタイム(土日祝日 10:00~14:00)のお時間にお食事メニューをご注文いただいたお客様にはパンをフリーサービスでご提供させていただきます。

【Maison Landemaine (メゾン・ランドゥメンヌ)について】
「メゾン・ランドゥメンヌ」は、パン職人であり実業家の石川芳美と、同じく実業家でパティシエとして活躍する・ロドルフ・ランドゥメンヌが2006年にオープンした今パリで話題のブーランジェリー・パティスリーです。オープン以来、毎年1店舗ずつ出店を増やし、現在パリ市内に 8店舗を展開しています。季節感を大切にしたコンセプトと品質の良さに定評があり、2011年パリのグルメガイド“ピュドロ”にて、ブーランジェリー・オブ・ザ・イヤー パリ“パリ最高パン屋賞”を受賞。また2013年仏フィガロ誌にてクロワッサンが“パリで最も美味しいクロワッサン”第3位に選ばれました。

【Maison Landemaine (メゾン・ランドゥメンヌ)のこだわり】
自家製天然酵母を使い、低温長時間発酵でゆっくりと熟成させた小麦の香り豊かな味わいが特徴のハード系パン(堅めに作られたパン)と、フランス産をはじめとする、選りすぐりのバターを丁寧に織り込んだ、バターの芳醇な香りと口溶け満点のクロワッサンは、メゾン・ランドゥメンヌの人気商品であり、どなたにも召し上がっていただきたいおすすめの一品です。また今回オープンする日本初上陸店では、群馬の有機野菜農家直送の有機野菜を使用。安心・安全で、体に優しいお料理のご提供をこころがけています。

【店舗コンセプト】
店舗内観は、パリの「Maison Landemaine」同様、モダンかつスタイリッシュな空間づくりを追求。現在パリで流行中の「ネオアンデュステュリエルスタイル」(=メタルなどの無機質素材と、木・石・タイルなどのアンティーク素材を融合させた、新しさの中にもぬくもりを感じさせる新感覚のスタイル)を取り入れ、シンプルでありながらも大人がくつろげる温かみのある空間を表現しています。(約60席/テラス席あり)

【おもなメニュー】
■バゲット・トラディッション 
自家製天然酵母を使用し、伝統的な製法で作られた、水分を沢山含むバゲットです。
本場パリの店では一日一店舗で2000本~2500本を販売するメゾン・ランドゥメンヌの看板商品です。
・バゲット baguette (180円/税抜)
・トラディッション tradition (220円/税抜)
・トラディッション・セレアル tradition cereale (280円/税抜)

■クロワッサン
フランスの厳選されたバターを使い、職人が一つ一つ何層にも手織りした生地は、口溶けがよく香りが豊なクロワッサンに仕上がります。仏「フィガロ」誌で2013にパリで最も美味しいクロワッサンの3位に選ばれた一品です。
・クロワッサン・国産バター croissant (250円/税抜)
・クロワッサン・フランスバター croissant au lescure (480円/税抜)

■タルト・フィンヌ
生地でバターを包むのではなく、フィユタージュ・アンベルセ(=バターで生地を包んで折り込む製法)で作るフルーツタルト。季節の果物も沢山使用して作る、メゾン・ランドゥメンヌの定番です。
・リンゴのタルト tarte fine pomme ind (580円/税抜)
・リンゴのタルト 4-6人用 tarte fine pomme 4-6p (1900円/税抜)
・リンゴのタルト8-10人用 tarte fine pomme 8-10p (3500円/税抜)

■ランチメニュー
本日のおすすめランチ plat de jours (1000円/税抜)
本日のスープランチ formule soupe (1250円/税抜)
ビーフシチューセット formule boeuf bourguignon (1350円/税抜)
クリームシチューセット formule boeuf blanquette (1350円/税抜)

<店舗概要>
・名称:「Maison Landemaine Tokyo(メゾン・ランドゥメンヌ トーキョー)」
・所在地:〒106-0041東京都港区麻布台3-1-5/TEL 03-5797-7387
・営業時間:平日 7:00~20:30(L.O 20:00)/土日祝日 9:00~19:30(L.O 19:00)
※ランチタイム:平日11:30~14:30/ブランチタイム:土日祝日 10:00~14:00
※オープン初日のみ10:00~20:30(L.O 20:00)で営業いたします。
・定休日:不定休
・ウェブサイト: リンク

<会社概要>
・名称:株式会社 メゾン・ランドゥメンヌ ジャポン
・所在地:〒106-0041東京都港区麻布台3-1-5/TEL 03-5797-7385
・設立:2015年2月25日
・資本金:2,000,000円
・代表取締役社長:石川 芳美


<紙誌面・ウェブサイト等にご記載いただく際の店舗情報>
メゾン・ランドゥメンヌ トーキョー (英語表記:「Maison Landemaine Tokyo」)
住所:港区麻布台3-1-5/TEL:03-5797-7387
ウェブサイト リンク
営業時間 平日 7:00~20:30(L.O 20:00)/土日祝日 9:00~19:30(L.O 19:00)
ランチタイム:平日11:30~14:30/ブランチタイム:土日祝日 10:00~14:00




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。