logo

ASEANヘルスケア市場:2015年も強固な成長が継続

フロスト&サリバンは、2015年のASEAN(東南アジア諸国連合)ヘルスケア市場に関する予測をまとめました。ASEANのヘルスケア市場は一次医療および病院でのサービスを中心に2015年も強固な成長が続く見通しとなっています。

フロスト&サリバンの分析では、ASEANにおける医療費は、2016年までに1500億米ドルに到達する見通しとなっています。シンガポールにおいては、一次医療サービスの市場規模は、2020年までに30億米ドル以上に成長する見通しです。また、シンガポールの私立病院市場は、過密状態にある公立病院やライフスタイルの変化、私立病院に向けた医療保険の適用範囲の拡大などによって、2015年から2020年にかけて年平均成長率(CAGR)13%で成長する見通しとなっています。

一方で、マレーシアにおける医療費は2015年から2020年にかけて年平均成長率(CAGR)11%で成長し、2025年には200億米ドルを超えることが予測されます。マレーシアの医療費は、民間の医療保険や個人による負担額などの民間の医療費が全体の46%を占め、2020年には50%近くに到達する見通しです。さらに、質の高い医療施設や医療従事者を持つマレーシアは、医療ツーリズムの魅力的な渡航先であり、同市場規模は2014年から2020年にかけて年平均成長率(CAGR)18.5%で成長する見通しとなっています。

フロスト&サリバンは、2015年のASEANヘルスケア市場の動向を次の様に予測しています:
・製造業投資・製品の流通量増加:ASEAN各国政府による支援や、医療機器や消費財などの特定のセグメントが統合される見込みによって、2015年半ばに向けて製造業への投資や製品の流通量増加が予想されます。

・消費者保護に向けた規制の厳格化:ASEANヘルスケア市場のさらなる自由化に伴い、消費者保護に向けた政策がより厳格となり、不適切な販売活動の排除に向けた教育活動の施行が今後行われる見通しです。

・市場の細分化:様々な医療ニーズを抱える中所得者層の増加や安価な医療コストによって、患者の多様なニーズに対応した医療サービスの細分化が進む見通しです。

・薬局の役割変化:ASEANヘルスケア市場では、薬局が診断や服薬順守、治療を提供する役割を担うようになり、結果として病院や医療従事者の負担を軽減し、医療コストの引き下げにつながる動きが期待されます。

・ヘルスケアITを活用したホームヘルスケア:通信企業が医療機関と提携し、ヘルスケアITを活用した自宅での医療ケアが進むことが予想されます。シンガポール、マレーシア、インドネシアにおいて健康管理やウェアラブル端末などのツールの普及が進む見通しです。

・M&A(企業合併・買収)の活発化:2015年には、ASEANのヘルスケア市場でM&Aが活発化し、特にアジアおよびグローバルでのブランド確立を目指す動きが予測されます。

「ヘルスケア業界は現在転換期にあります。従来のグローバル市場は成長が止まった段階にあり、一方で外来診療やモバイルヘルス、ホームケアなどの新たなサービスや医療ケアの開発、インフラは適切なレベルに達していません。しかしながら、アジア太平洋地域(日本を除く)のヘルスケア市場は、2015年に11%と、グローバル市場の5%よりも高い比率で成長を続ける見通しとなっています」と、フロスト&サリバンのアジア太平洋地域ヘルスケア部門シニアバイスプレジデント、レヌー・ブーラーは分析しています。

▽フロスト&サリバン プレスリリース一覧
リンク

************************
フロスト&サリバンについて
フロスト&サリバンは、独自のリサーチに基づいて企業のビジネスを成長に導くグローバルな知見を提供し、ビジネスの新たな成長機会の創出からイノベーションの実現までを支援する、リサーチとコンサルティング機能の両方を兼ね備えた企業のナレッジパートナーです。世界40拠点以上のグローバルネットワークを軸に、世界80カ国ならびに300に及ぶ主要な全てのマーケットを網羅することで、メガトレンドや海外新興市場の台頭、テクノロジーの進化などのグローバルな変化に対応し、企業がグローバルなステージでビジネスを成功させるための360度の視点に基づいた知見を提供しています。 リンク

本件に関するお問い合わせ先:
フロスト&サリバン ジャパン株式会社 担当:辻
〒107-6123 東京都港区赤坂5-2-20 赤坂パークビル23階
電話:03-4550-2215/FAX:03-4550-2205/E-mail: anna.tsuji@frost.com
URL: リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。