logo

東芝ソリューショングループ、佐々木洋氏を招き「環境フォーラム」を開催

~ 市民との環境コミュニケーション活動の一環。約520名が参加 ~

東芝ソリューション株式会社(本社:神奈川県川崎市、取締役社長:錦織弘信 以下、東芝ソリューション)は府中市、府中市環境保全活動センターのご後援をいただき、12月8日に府中グリーンプラザにて、東芝グループCSR月間行事として「環境フォーラム」を開催しました。

 今年で9回目となる本フォーラムは、約520名(社内中継含む)のご参加をいただき、環境について共に考えることができました。当日は、プロ・ナチュラリスト(プロフェッショナルの自然案内人)の佐々木洋氏より『まちの生きものが教えてくれること』と題してご講演いただきました。講演では、街の中で生息している動物、野鳥など様々な生きものの意外な習性や行動を、クイズ形式のユーモラスなお話でわかり易く解説。また、野生の生きものに餌を与える事など、人の過剰な関与により、生態系に悪影響を及ぼしている事例などを豊富な観察映像で紹介。人と生きものが共生していくために、生きものの生態や自然環境に関心を持つことの大切さについて、お話いただきました。講演後の参加者アンケートでは「動物の行動から、いろいろな事が分かることに驚きました。」、「身近な生きものの生態を意外と知らないことに気付かされました。」、「同じ街に住む生き物たちを大切にして、彼らが暮らしやすい環境づくりをしていきたいと思いました。」などのご意見をいただきました。

 東芝ソリューションは、府中市にソリューションセンターおよびプラットフォームセンターを持ち、また、グループ全体で約4,000人の社員が府中市内でICTソリューション事業に従事しています。毎年、府中市で開催される環境関連行事*1に参加し、市民の方々と交流を深めています。本フォーラムは、東芝ソリューショングループの地域貢献の一環として、市民の方々と共に環境保護の重要性を考える場として、今後も継続していきたいと考えております。

 東芝ソリューショングループは、「つながる」コミュニケーションでより良い地球環境の実現をめざしています。

*1府中環境まつり

このプレスリリースの付帯情報

佐々木洋氏による講演

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事