logo

広告・情報接触と消費行動の関係性をとらえることのできる i-SSPのテレビ視聴パネルを 関西・中京エリアへも拡大、2015年1月よりデータ提供開始



株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石塚 純晃)は、これまで関東のみで展開をしていた『i-SSP(インテージシングルソースパネル)』のテレビ視聴パネルを関西・中京エリアへも拡大し、2014年12月からのデータを2015年1月より提供開始いたします。

当データは、これまで関東エリア5,000人のみで展開をしており、多くの企業に活用いただいていましたが、一方でエリア拡大を望む声も多く得ていました。今回、関西・中京エリアへ拡大をしたことにより主要エリアをカバー、またサンプルサイズも3エリア合計6,900人と大規模化を実現しました。『i-SSP』は「メディア接触情報」と「購買情報」を同一個人から収集する「シングルソースパネル」であり、テレビの視聴データを収集しているテレビパネルモニターから、パソコン・モバイルからのウェブサイト閲覧・広告接触や購買に関するデータも収集しています。そのため、消費行動と情報接触の関係性や、テレビ・ウェブのクロスメディアでの広告効果、別途アンケート調査を実施することで認知・購入意向等の態度変容を明らかにすることが可能です。

--------------------------------------------------------------
■ i-SSP サンプル構成
--------------------------------------------------------------

テレビ視聴パネル(拡張エリア:関西・中京)

[関東] 東京・埼玉・千葉・神奈川・茨城・栃木・群馬   5,000人
[関西] 大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山・滋賀      1,200人
[中京] 愛知・岐阜・三重                  700人

--------------------------------------------------------------
参考調査結果
--------------------------------------------------------------
データ提供に先駆け2014年11月のデータをもとにテレビ視聴状況をエリア間で比較したところ、以下のような結果となりました。

◆1日当たり平均テレビ視聴時間
エリア別に比較すると、関東140.2分、関西150.0分、中京146.6分となり、ほぼエリア差はみられない。

[図1-1]エリア別1日当たり平均テレビ視聴時間(分)<リアルタイム・タイムシフト視聴計、平日&休日>

年代別に比較をすると、年代が上がるごとにテレビ視聴時間は増える。各年代でのエリア差を確認すると、35~49歳において関西エリアの視聴時間が長いことがわかる。

[図1-2]エリア・年代別1日当たり平均テレビ視聴時間(分)<リアルタイム・タイムシフト視聴計、平日&休日>

◆エリア別・テレビジャンル別*1接触率ランキング
 *1 ジャンルはテレビ番組マスタ提供会社のジャンル区分による。

【アニメ】
どのエリアにおいても「サザエさん」がTOPを独占。続いて「名探偵コナン」「ちびまる子ちゃん」となり、上位にランクした番組名からはエリア差はみられない。

[図2-1]エリア別・テレビジャンル別接触率ランキング アニメ  リアルタイム・タイムシフト視聴計

【スポーツ】
フィギュアスケートや錦織圭選手が出場した「ATPワールドツアーファイナルズ準決勝」、「キリンチャレンジカップ」などがどのエリアでも上位にランキングしている。フィギュア熱が高いと言われる中京では、1位・2位にフィギュアスケート関連の番組が入り、注目された「ATPワールドツアーファイナルズ準決勝」は3位となっていた。

[図2-2]エリア別・テレビジャンル別接触率ランキング スポーツ  リアルタイム・タイムシフト視聴計

【教育・教養】
エリアにより上位にランクしている番組は様々。関西では「たかじんのそこまで言って委員会」、中京では「PS三世」など、地域限定放送など地域色があらわれている。

[図2-3]エリア別・テレビジャンル別接触率ランキング 教育・教養  リアルタイム・タイムシフト視聴計

---------------------------------------------------------------
調査概要
---------------------------------------------------------------
調査方法   : i-SSP(インテージシングルソースパネル)
調査地域   : 関東(東京・埼玉・千葉・神奈川・茨城・栃木・群馬)
         関西(大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山・滋賀)
         中京(愛知・岐阜・三重)
調査対象者   : i-SSP TV スタンダード 調査協力者
調査期間   : 2014年11月1日~30日
サンプルサイズ: 関東3,112人、関西845人、中京446人
ウエイトバック: なし
調査実施機関 : 株式会社インテージ

【i-SSP(インテージシングルソースパネル)】
当社の主力サービスであるSCI(全国個人消費者パネル調査)を基盤に、同一対象者から新たにパソコン・モバイルからのウェブサイト閲覧やテレビ視聴情報に関すデータを収集するものです。当データにより、パソコン・モバイル・テレビそれぞれの利用傾向や接触率はもちろん、同一対象者から収集している購買データとあわせて分析することで、消費行動と情報接触の関係性や、広告の効果を明らかにすることが可能となります。また、調査対象者に別途アンケート調査を実施することにより、意識・価値観や購買状況を聴取し、あわせて分析することも可能です。

【株式会社インテージ】 リンク
株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石塚 純晃)は、インテージグループ各社とともに、リサーチノウハウ、データ解析力、システム化技術と、これらに基づく情報評価力をコア・コンピタンスとして、経営およびマーケティング上の意思決定に役立つ情報(Intelligence)を提供。生活者とお客様を「情報」でつなぎ、お客様のビジネスの成功に貢献することによって、その先の生活者の暮らしを豊かにすることを目指します。

--------------------------------------------------------------
この件に関するお問い合わせ先
--------------------------------------------------------------
■株式会社インテージ 広報担当
担当:小関(おぜき)/佐藤(さとう)
TEL:03-5294-6000 FAX:03-5294-8318
「お問い合わせフォーム」 リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事