logo

ロンドン都心部の開発計画が順調に進捗


三井不動産株式会社(本社:東京都中央区日本橋室町2-1-1)は、英国子会社「Mitsui Fudosan UK(英国三井不動産、代表者:山田秀人)」を通じて、この度、世界有数の金融街であるロンドン・シティの中心地で高層オフィスビル「1 エンジェルコート」の新築工事に着工いたしました。竣工は2016 年9月を予定しております。

同物件は、地下鉄「バンク」駅から徒歩2 分と交通至便な立地環境にあります。シティでは都市計画の規制により高層ビルが少ないため、地上27 階建ての本物件高層階から眼下に広がるシティの街並み、セントポール寺院等の眺望の希少性は高く、2 階から7 階の低層階では、1 フロア22,000sf(約600 坪)というシティでは希少な大規模フロアプレートを提供しています。

同じくシティにおいてオフィスビル開発計画「70 マークレーン」が11 月に竣工いたしました。同物件はシティの中でも「ロイズ保険組合」等の世界的な大手保険会社が集中するエリアの中心に位置し、「フェンチャーチ・ストリート」駅に隣接する交通至便な立地です。また、上層階に設置されたテラスからテムズ川やロンドン・ブリッジなどのビューを望むことができます。

「70 マークレーン」の竣工により、「5 ハノーバースクエア」(2012 年3 月竣工)、「8-10 ムーアゲート」(2014 年5 月竣工)とあわせて、ロンドンで当社が保有する竣工済み物件は3 物件となります。また、「70 マークレーン」のスイスの大手保険会社チューリッヒ、「8-10 ムーアゲート」のオランダの大手銀行アイエヌジーバンクと、それぞれ欧州を代表する金融機関をアンカーテナントとした長期賃貸借契約を締結しております。「1 エンジェルコート」竣工時には、当社のロンドンでのオフィス賃貸面積は約700,000sf(約20,000 坪)となり、現在の約2 倍の規模となる予定です。なお、これらの事業は、ロンドン有数のデベロッパーであるスタンホープ社を共同事業者として推進しています。

当社グループは、「イノベーション2017」で掲げるグローバル化への取り組みとして、海外事業を積極的に展開しています。欧米エリアにおいては、複数の都市においてオフィス・賃貸住宅など複数の用途の開発事業に取り組み、良質なポートフォリオを拡充してまいります。アジアにおいては、経済成長と都市化の進展により需要が拡大する住宅分譲事業と、個人消費の成長を取り込める商業施設事業を中心に展開してまいります。なお、海外事業については「イノベーション2017」において、2017 年度までに約5,000 億円の投資計画を策定しております。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。