logo

バラクーダネットワークス、AzureとAWS対応の製品追加

Barracuda Message ArchiverとBarracuda Spam & Virus Firewall PLUSがMicrosoft Azureに対応、Barracuda Load Balancer ADCがAWS Marketplaceに対応

2014年11月27日(木)東京発 -クラウド対応のセキュリティとストレージソリューションのリーディングプロバイダであるバラクーダネットワークスジャパン株式会社(東京都品川区、執行役員社長:林田 直樹、以下バラクーダネットワークス)は本日、Microsoft Azure Certifiedプログラムの一環として、同社のBarracuda Spam & Virus Firewall PLUSとBarracuda Message ArchiverがMicrosoft Azure Marketplaceで利用可能になり、さらに、Barracuda Load Balancer ADCが、Amazon Web Services(AWS)のMarketplaceで利用可能になったことを発表しました

マイケル・ヒューズ(Michael Hughes)のコメント
(バラクーダネットワークス、ワールドワイドセールス担当シニアバイスプレジデント)
「私たちは、これまでMicrosoft Azureをご利用のお客様にセキュリティ、パフォーマンス、そして付加価値を提供してきており、今回Barracuda Message ArchiverとBarracuda Spam & Virus Firewall PLUSを新たにAzureポートフォリオに加えたことにより、お客様はシームレスにメール環境を管理し、クラウドベースのメールインフラに対してよりきめ細かいコントロールが可能になります。」

スティーブン・パオ(Stephen Pao)のコメント
(バラクーダネットワークス、セキュリティ担当ジェネラルマネージャ)
「多くの組織がハイブリッドモデルに移行しており、アプリケーションインフラをクラウドに置くケースが増えてきている状況において、従来のオンプレミスの環境と同様の機能性を発揮できる堅牢なプラットフォームがクラウドでも必要になってきています。最適な実装には優れたパフォーマンスと高可用性が必須であり、アプリケーションアウェアの負荷分散に多くを依存することになりますが、AWS上で利用できるBarracuda Load Balancer ADCにより高いパフォーマンスを実現することが可能になります。」

Azure向けBarracuda Message Archiver
Barracuda Message Archiverを活用することで、ユーザアクセス、メール管理、およびeディスカバリとコンプライアンスをシンプル化することにより、ユーザの生産性の向上とコストおよびリスクの低減を実現します。Azure向けBarracuda Message Archiverでは、Office 365などのクラウドベースのメールサービスにおいて安全かつ容易な方法でメールをアーカイブすることが可能となり、クラウドのメールプロバイダを通じて安全にMicrosoft Azureクラウドでメールをアーカイブすることができます。Barracuda Message Archiverではまた、カスタマイズ可能なメール保存ルールを設定し、監査人が特定の情報に関する訴訟ホールドを適用することもできます。

Azure向けBarracuda Spam and Virus Firewall PLUS
Barracuda Spam & Virus Firewall PLUSでは、包括的なメールセキュリティを提供しており、高度なスパム/ウイルス防御、データプロテクション、DoS防御、メール継続性、暗号化、そしてポリシー管理といった各機能を一元的にお求めやすい価格にて利用することが可能となっています。さらに、一般的なメール管理機能に加え、Azure向けBarracuda Spam & Virus Firewall PLUSでは、管理者によるメール暗号化ポリシーのカスタマイズや情報漏えい防止ルールの構成、および多彩なカテゴリごとにメールを分別し、それぞれ異なるデリバリアクションをカスタマイズすることができます。

AWS向けBarracuda Load Balancer ADC
Barracuda Load Balancer ADCは定期的なヘルスチェックおよびパフォーマンスチェックにより、サーバリソースの効率利用や高可用性を可能にするフェイルオーバを実現するためのトラフィック分散をサポートします。また、グローバルサーバ負荷分散により、複数サイトにわたる冗長化を可能にし、高速なディザスタリカバリを実現します。またキャッシングや圧縮機能を活用することで、利用状況が増加しても高速なアプリケーションデリバリを可能にします。さらにクライアントをコントロールすることにより、管理者は大量のトラフィックが発生している中でも、リクエストを調整することでアプリケーションの可用性を維持することができます。

(価格と利用)
Azure向けBarracuda Message Archiverに関する詳細は、以下のAzure Marketplaceのサイトをご覧下さい。
リンク

Azure向けBarracuda Spam & Virus Firewall PLUSに関する詳細は、以下のAzure Marketplaceのサイトをご覧下さい。
リンク

AWS向けBarracuda Load Balancer ADCに関する詳細は、以下のAWS Marketplaceのサイトをご覧ください。
リンク

日本国内ではBYOLモデルで提供可能です。それぞれの以下の価格からご利用頂けます。

Azure向けBarracuda Spam & Virus Firewall PLUS:45万9,750円(税別)~
Azure向けBarracuda Message Archiver:57万4,750円(税別)~
AWS向けBarracuda Load Balancer ADC:45万9,750円(税別)~

(関連資料)
・Microsoft Azure向けバラクーダネットワークスソリューションの概要:
リンク
・AWS向けバラクーダネットワークスソリューションの概要:
リンク
・Barracuda Spam & Virus Firewall PLUSの製品ページ:
リンク
・Barracuda Message Archiverの製品ページ:
リンク
・Barracuda Load Balancer ADCの製品ページ:
リンク

【バラクーダネットワークスについて】
バラクーダネットワークスは、「Simplify IT」を可能にするクラウド対応セキュリティ及びストレージソリューションを提供しています。バラクーダネットワークス製品は、パワフルで、使いやすく、且つリーズナブルな価格により、全世界15万社以上のお客様にご利用頂いており、アプライアンス、仮想化アプライアンス、クラウドなどの形で提供されています。バラクーダネットワークスは、2002年に米国カリフォルニア州シリコンバレーで創業、海外拠点10ヵ国、また80ヵ国以上において正規代理店と提携しています。2004年より日本での販売を開始し、スパムやウイルス、フィッシング、SQLインジェクション対策はもちろん、BCP、クラウド化など、リスク対策だけでなく事業継続と活性化を目指す企業に貢献してきました。スパム対策アプライアンスとしては2005年から7年連続で、導入出荷実績で国内No.1、さらにWebアプリケーションファイアウォールは2007年から7年連続、導入出荷実績で国内No.1を継続しています(富士キメラ総研調べ)。 2013年11月、ニューヨーク証券取引所に上場(コード:CUDA)し、更なる成長を目指します。詳細については、リンク をご参照ください。

* 本リリースに記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

【本プレスリリースに関するお問い合わせ】
バラクーダネットワークスジャパン株式会社
〒141-0031
東京都品川区西五反田8-3-16 西五反田8丁目ビル5階
Tel:03-5436-6235
Fax:03-5436-5128
担当:寺下
Email:jpinfo@barracuda.com
URL:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事