logo

トレンダーズ、クラウドワークス、LiB ベンチャー3社が合同企画 3社共通・“インターン内定手形”を発行!

トレンダーズ株式会社 2014年09月17日 10時00分
From 共同通信PRワイヤー

2014年9月17日

トレンダーズ株式会社

トレンダーズ、クラウドワークス、LiB ベンチャー3社が合同企画
就職活動の短期化の中で、“ベンチャー企業”を効率的に体験
3社共通・“インターン内定手形”を発行!

トレンダーズ株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表:岡本伊久男、東証マザーズ上場:証券コード6069)は、株式会社クラウドワークス(所在地:東京都渋谷区、代表:吉田浩一郎)、株式会社LiB(所在地:東京都渋谷区、代表:松本洋介)との3社合同企画として、“インターン内定手形”を発行する「16年度新卒向けインターンシップ」への選考募集を本日より開始いたしました。

◆ 学生の選考負荷はそのまま! 3社を体験できる“インターン内定手形”
就職活動の短期化の中で、採用後のミスマッチを避けるため、就業体験を通じて企業と学生、双方の理解を深められるインターンシップのニーズが高まっています。経団連が2013年9月に発表した「採用選考に関する指針」により、2016年度入社以降の新卒採用の選考活動の開始時期は、2015年8月1日以降となりました。これに伴い、インターンシップ導入企業の増加傾向に拍車がかかる事が予想されます。
その一方で懸念されるのが、インターンシップ選考そのものによる学生への負荷です。今回の3社合同で実施する“インターン内定手形”は、「学生の選考負荷は変えずに、就業体験の機会を増やす」ことを目的としました。熊本県 黒川温泉に代表される入湯手形を模した、今回の企画。1社からインターンシップの内定を獲得することにより、最大3社のインターンシッププログラムを体験することができます。

◆ ステージの異なる3社でのインターンシップで、“ベンチャー企業”を知る
本企画では、「学生に“ベンチャー企業”を知ってもらいたい」という想いのもと、3社での連携を決めました。一言にベンチャー企業といっても、その特徴は多様です。参加いただいた学生には、ステージが異なる3つのベンチャー企業での就業体験を通じて、その共通点、相違点を肌で感じてもらえればと思います。

<各社のインターンシッププログラム>
LiB:スタートアップ企業における、CEO、CTOと肩を並べての就業体験
クラウドワークス:20万人が利用する自社サービスのUX改善
トレンダーズ:上場ベンチャーでの新規サービス開発と経営会議疑似体験

3社とも開発コース(エンジニア・デザイナー)とビジネスコースを用意しています。詳細は下記ページをご参照ください。

「インターン内定手形」申し込みフォーム  URL:リンク

<インターンシップの流れ>
1)選考希望学生は、「インターン内定手形」申し込みフォーム(※URL:リンク)から応募。
2)学生は面接希望の企業を選択し、その会社にて選考。
3)選考を通過した学生は「インターン内定手形」を獲得。その会社にて、5日間~1ヶ月間のインターンシッププログラム体験。
4)プログラム終了後、他社でもインターンシップを希望する学生は「インターン内定手形」を使い、希望企業へ連絡し、スケジュールを調整。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。