logo

eLC月例カンファレンスセミナー「企業内人材教育におけるビッグデータ活用、その3つの可能性」」(8月27日)開催のご案内

日本イーラーニングコンソシアム(eLC)のニュースリリース

日本イーラーニングコンソシアム(eLC)は、下記内容で「月例カンファレンス」を開催いたします。
皆様のご参加をお待ちいたしております。

【日時】2014年8月27日(水) 13:30-16:00 (受付開始13:10-)

【会場】「Learning Square 新橋」 4階 4-D教室(東京都港区新橋4-21-3 新橋東急ビル)
   地図:リンク    
   アクセス:JR「新橋駅」烏森口から徒歩2分  都営浅草線「新橋駅」A1出口から徒歩2分
   東京メトロ銀座線「新橋駅」4番出口から徒歩3分

【定員】30名

【参加費】無料

【プログラム】

<1>「TinCanプロジェクト」関連情報 (13:30-13:45)

eLCとモバイルラーニングコンソシアム(mLC)共同の「TinCanプロジェクト」情報。8月より「TinCan規格普及分科会」、
「TinCan利活用研究分科会」の2分科会がスタートしました。キックオフ・ミーティングで発表された活動方針をご紹介します。

※「TinCan規格普及分科会」、「TinCan利活用研究分科会」は今後、月に1回程度のペースで開催します。
eLC、mLC会員の方はこれからでもメンバーとして登録していただく事ができます。
また、一般の方は1回のみオブザーバー参加可能です。


<2>「eラーニングアワード2014フォーラム」最新情報と見どころ (13:45-14:00)

スピーカー:一般社団法人eラーニングアワードフォーラム運営事務局  理事長 はが弘明 氏

11月12日-14日の3日間、ソラシティ・カンファレンスセンター(東京お茶の水)で開催される
「eラーニングアワード2014フォーラム」について、プログラムやセミナーの最新情報と見どころをご紹介いたします。
また、現在応募受付中の『第11回 日本e-Learning大賞』についてもご案内いたします。

※eラーニングアワード2014フォーラム「日本e-Learning大賞」 リンク


<3> 「月例カンファレンス」セミナー (14:00-15:00)

タイトル:「企業内人材教育におけるビッグデータ活用、その3つの可能性」

講師:慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特任准教授 伊藤健二 氏

概要:企業内人材教育におけるビッグデータ解析の手法を解説し、数万人規模の導入企業データから導き出された結果に基づいて
その可能性を考察します。

 ・モチベーションの把握によって、学習開始を促進する?
 ・モチベーション、学習行動の把握によって、ドロップアウトを減らす?
 ・モチベーションの喚起によって、売上を増やす?

また、HRビッグデータで見える化をした現状をどう改善していくか?ITを利用することで、継続的に活用する方法を考えます。


---休憩---(15:00-15:10)


<4>「SCORMおよびTinCanに関するWebアンケート」結果報告 (15:10-15:40)

スピーカー:日本イーラーニングコンソシアム 調査委員会 委員長 小橋岳史

概要:eLC調査委員会と広報委員会が中心となり、2014年7月1日(火)-8月15日(金)に実施いたしました
「SCORMおよびTinCanに関するWebアンケート」の集計結果をご報告いたします。


<5>連絡事項、その他 (15:40-16:00)


【タイムスケジュール】
 13:10 受付開始
 13:30-13:45 「TinCanプロジェクト」関連情報
 13:45-14:00 「eラーニングアワード2014フォーラム」最新情報と見どころ
 14:00-15:00 「月例カンファレンス」セミナー
 15:00-15:10 休憩
 15:10-15:40 「SCORMおよびTinCanに関するWebアンケート」結果報告
 15:40-16:00 連絡事項、その他


※詳細と参加のお申込みはこちらをご覧ください。
リンク

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
特定非営利活動法人日本イーラーニングコンソシアム
所 在 地:東京都中央区日本橋小伝馬町16-5 新日本橋長岡ビル2F
会長:加藤憲治
電話:03-5640-1017 FAX:03-5640-1018
Email: info@.elc.or.jp
U R L:リンク


事業内容:産・官・学の力を結集し、継続的にユーザーおよびeラーニング事業者の方々に積極的な支援活動を推進するために、発足した特定非営利活動法人です。eラーニングに関わる多くの方々が、企業、学校、官庁等の組織の枠を越えてこの活動に参画し、協力し合う関係を築くことが重要であると考えています。

eLCの活動の中心は以下の3点です。
(1)eラーニング関連情報の取得・調査・研究および提供
(2)eラーニングのユーザーと事業者の方々への啓蒙活動、教育プログラムの開発と教育実践
(3)eラーニング・システムおよびコンテンツに関する標準化技術の研究と標準化推進
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事