logo

グレードAビルの需要堅調 - 東京オフィス賃貸市場レポート 2014年第1四半期 -

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド・アセットマネジメント株式会社 2014年04月01日 20時30分
From 共同通信PRワイヤー

2014年4月1日

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド

グレードAビルの需要堅調、テナント賃料は緩やかに上昇へ
- 東京オフィス賃貸市場レポート 2014年第1四半期 -

 クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(米国・ニューヨーク)は、2014年第1四半期(1月1日~3月31日)の東京オフィス賃貸市場に関する調査レポート「MARKETBEAT OFFICE TOKYO Q1 2014」を公表しました。本レポートは主としてグレードA*のオフィスビルに関して以下のとおり分析しています。
  *「築10年以内かつ基準階面積380坪以上」の物件をグレードAと定義しています。

1.景況感は改善し、これに呼応してテナントからの移転問い合わせが増加し、幅広い業界で移転がありました。
2.グレードAの空室率は前期の3.5%から3.1%へと低下基調を維持しています。
3.グレードAビルへの堅調な需要が賃料を徐々に押し上げています。
4.来期竣工する新規供給ビルの積極的なリーシング状況にも助けられ、空室率は今後とも低下基調が続くと予想します。このような市況の下、益々強気になってきているビルオーナーの姿勢と併せ、平均賃料水準は緩やかに上昇していくと予想します。                          以上

■レポート原文は添付PDFの2ページ以降をご覧ください(最終ページに日本語)。
   アジア太平洋地域の他の都市のレポート(英語)は以下をご覧ください。
リンク

■本レポートの執筆者
柳町 啓介 (やなぎまち けいすけ) 
keisuke.yanagimachi@ap.cushwake.com 
〒100-6113 東京都千代田区永田町2-11-1山王パークタワー13階 
クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド株式会社
TEL: 03-3596-7098    (直通)
プロフィール:東京理科大学卒業後、建設企業にて大規模商業施設の設計をはじめナーシングホーム等の開発プロジェクトを手掛ける。不動産開発評価手法を研究するため渡英、オックスフォードブルックス大学で国際不動産学修士号を取得。みずほ信託銀行で証券化不動産実務を経験後、シービーアールイーにて不動産投資インデックスを駆使し日本のオフィス市場、世界の不動産市場を調査・分析。現在、クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドのヘッド・オブ・リサーチ、ジャパンを務める。早稲田大学国際不動産研究所招聘研究員、日本不動産金融工学学会会員、一級建築士。
   
■クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドについて
クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(C&W)は1917年ニューヨークで創業した、非上場企業としては世界最大の総合不動産サービス会社です。全世界約60カ国におよそ250の拠点、16,000名以上のプロフェッショナルを配置しています。リーシング、売買仲介、アセットマネジメント、プロジェクトマネジメント、コンサルティング、鑑定評価など総合的なサービスを提供しています。C&Wの詳細はこちらのウェブサイトをご覧ください。 
リンク
C&Wの過去の日本語ニュースはこちらをご覧ください。
リンク

■留意事項 本資料は情報提供のみを目的としており、投資の勧誘を目的としたものではありません。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]