logo

コラム「Rubyプログラミングと教育 その2 」(ゼネット 松永紘氏コラム)

masuidriveこと増井雄一郎氏とゼネット松永紘氏による旬な Ruby、Rails関連コラム

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称:CTC)のグループ会社で、ITシステムの保守サポート、運用サービス及び教育サービスを提供するシーティーシー・テクノロジー株式会社(本社:東京都千代田区、以下:CTCテクノロジー)はコラム「Rubyプログラミングと教育 その2 」(ゼネット 松永紘氏コラム)を公開しました。

###

 昨年のクリスマスに当初の予定通り、Ruby2.1.0がリリースされました(*1)。このリリースではいくつかの機能拡張やパフォーマンスの改善が行われています。2.0との深刻な非互換もないそうですので、積極的に使っていきたいですね。
 また、Ruby1.9.3系のサポート期限についてもアナウンスされています(*2)。 2014年2月24日以降はセキュリティフィックスのみ、それから1年後の2015年2月23日をもって全てのサポートが終了するそうです。1.9.3か ら2.0及び2.1への移行は比較的スムーズに行えると思いますので、この機会にRuby2系へのアップグレードをお勧めします。

 さて前回は「プログラミングと教育」と題して、筆者が初心者にプログラミング教育を行う上で大切だなと感じていることをお伝えいたしました。今回はその続きとしてもう少し具体的に心がけていることや、教育用言語としてのRubyについて書いていきます。

(この続きは以下をご覧ください)

リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事