logo

◎世界のエキスパート第7回国際競争力フォーラムで知識を共有

Global Competitiveness Forum (GCF) 2014年01月17日 15時32分
From 共同通信PRワイヤー

◎世界のエキスパート第7回国際競争力フォーラムで知識を共有

AsiaNet 55544

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。
    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

世界のエキスパート第7回国際競争力フォーラムで知識を共有

リヤド(サウジアラビア)、2014年1月16日/PRニュースワイヤ/ --

国際競争力フォーラムは、そのスピーカーやパネリストの力量の高さに定評があり、今年も例にもれず国際的サウジアラビアからのエキスパート達が、今年のテーマである「競争力のあるパートナーシップの構築」について、幅広い見識を提供しました。

ピーター・ロバートソン氏(Peter Robertson)は、今回のフォーラムに参加したエキスパートの一人です。彼は、アメリカ・サウジアラビアビジネス協議会(US Saudi Arabian Business Council)の共同委員長であり、シェブロンの元副会長を努め、現在はアメリカエネルギー協会の会長です。今回の会議では、再生可能なエネルギー分野について語り、環境にさらに優しい国家作りにおける政府や消費者の役割を探索します。

パネルディスカッション型サウジアラビアと中国のパートナーシップに参加するのは、無所属の経済学者であるアンディ・シー博士(Dr Andy Xie)です。博士は、世界銀行で働いた経歴があり、経済の運勢を占うと言われています。実際、1997年にあった経済危機、2000年のインターネット関連企業のバブル崩壊や2008年の金融バブルの崩壊を世界的に知られる出版物で予測を発表しました。2013年には、雑誌ブルームバーグで、世界で最も影響力のある人物トップ50に選ばれました。

スラヤ・アーメド・オベイド女史(Thoraya Ahmed Obaid)は、サウジアラビア女性の草分け的存在で、諮問評議会のメンバーです。彼女は、その他29名の女性とともにサウジアラビアの国家政策決定権を与えられていました。スラヤ女史は、女性としてアブドユルアジズ国王勲章を2番目に受賞し、かつては国連事務次長を努めました。今回のディスカッションでは、「経済の発展における女性の役割」について話をします。

「教育システムの改革」というテーマでは、教育学者であるイワン・マッキントッシュ氏(Ewan McIntosh)をお迎えします。彼は、世界で最もクリエイティブな会社や学校地区に新しい学習機会の形を探求し、それを届けることに知名度のあるスコットランド系オーストラリアのNoTosh社の創設者です。2010年には、世界発iPad投資基金(iPad Investment Fund)を立ち上げました。

「目標達成への実力を引き伸ばす」については、サウジアラビア観光委員会マーケティング計画の副会長代理ハマド・アブドユラジズ・アルシェイク氏(Hamad Abdulaziz Alsheikh)です。観光業に関する彼の知識だけでなく、24年間の経験で民官部門におけるマーケティング、金融業、製造業でのリーダとしての指導力を培いました。

詳しい情報は、HPにてご覧になれます:リンク

メディアに関する質問は下記:
ニック・キャッシュ(Nick Cash)
gcfe@alefinternational.com
+966(0)114623632

情報元: 国際競争力フォーラム(Global Competitiveness Forum :GCF)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。