logo

GuestLogixのグローバル鉄道部門が、ヨーロッパの鉄道運行業者と大規模発券および小売契約を締結したことを発表

GuestLogix Inc. 2014年01月15日 12時00分
From JCN Newswire

同社のiOSバージョンプラットフォームを使用し、車内および車外のタッチポイントで、乗務員のiPhoneにより切符の販売およびバリデーションを管理

TORONTO, ONTARIO, Jan 15, 2014 - ( JCN Newswire ) - 航空会社、鉄道会社および旅客業界向け機内小売および決済技術ソリューションの大手グローバルプロバイダ、GuestLogix Inc. (TSX: GXI)は、大手ヨーロッパ鉄道会社と3年契約を結び、車内外のタッチポイントで鉄道切符の販売およびバリデーションを行うために、小売技術とOnTouch(R) GuestPass(TM)発券プラットフォームを展開することを、本日発表しました。この契約には、チップアンドピンによるクレジットカードの安全な受付のための、GuestLogixのPCI準拠iOSスマートフォンPOS技術や、iPhone用ペイメントスリーブなどの展開が含まれ、鉄道会社旅客に新しいセキュアな決済方法を提供します。GuestLogixの統合発券プラットフォームは、モバイルアテンダント、チケットボックスオフィス、キオスク、オンラインなどの車外での切符販売を実現し、車内での鉄道切符の販売と有効化の管理にも使用されます。この鉄道会社は、同社のOnTouch(R) GuestPass(TM)発券バリデーション技術を初めて展開しますが、これはGuestLogixグローバル鉄道部門の今までで最大の契約締結です。

「弊社のグローバル鉄道部門は、鉄道業界特有のニーズの増大に対応するために、GuestLogix技術の進歩に献身的に多大なエネルギーを注いできました。」と、GuestLogix社長兼CEOのBrett Proudは述べました。「車内外の多くのタッチポイントで鉄道切符の販売を実現するだけでなく、弊社の革新的技術は乗務員が弊社のiOSバージョンプラットフォームとApple iPhoneのペイメントスリーブを使用して、車内で切符を受け付けてバリデーションできるようにもしています。弊社ソリューションは、お客様による発券およびバリデーション処理の改善に支援しますが、弊社はその他にもできる限りあらゆる方法で、鉄道会社のニーズをサポートしていきます。」

GuestLogixの最新の鉄道会社顧客は、革新的スマートフォン決済技術とペイメントスリーブを使用して、PCI準拠決済承認からメリットを受けます。この展開が実施されると、切符購入時にチップアンドピン決済を受け付けられるようになるため、鉄道会社と旅客の両方にとって利便性が向上し、各種トラブルも防止しやすくなります。さらに、GuestLogix OnTouch(R) GuestPass(TM)発券および小売プラットフォームの実装によって、鉄道会社は車内外の複数タッチポイントで統一したユーザーエクスペリエンスを提供できるようになり、また、バーコードシステムを使ってあらゆる種類の切符のバリデーションができるようになります。この鉄道会社はGuestLogixのお客様として、地元観光アトラクションのチケットや交通機関の販売のために、同社のOnTouch(TM) Box OfficeおよびOnTouch(TM) Ground Connectionsの車内販売のオプションを利用することもできます。

「今回大手鉄道会社の信頼とビジネスを勝ち取ったことは、GuestLogixの次世代スマートフォンおよびタブレット技術の力をさらに示すものです。」と、GuestLogixグローバル販売および製品戦略担当EVPのIlia Kostovは述べました。「この1年間に弊社は、大手航空会社や旅行業者から、Windows、iOSおよびAndroidなど、Appleからサムスンまでの消費者用モバイル機器を使用する弊社の革新的プラットフォームとペイメントスリーブを展開する契約を獲得してきました。今回初めて鉄道関係のお客様と、この技術を使用する契約を締結することに喜んでいます。」

この取引は、GuestLogixがトップクラスの機内/車内販売技術を使用して、ヨーロッパ鉄道市場で成功を継続していることや、航空、鉄道および旅行業界のニーズの変化へ対応しようというコミットメントを示すものです。

GuestLogixについて

GuestLogix Inc. (TSX: GXI)は機内販売関連の技術と商品化ソリューションの大手グローバルプロバイダで、信頼される機内取引処理パートナーとして培った10年以上の専門知識を、航空会社、鉄道会社、旅行会社などのお客様に提供しています。GuestLogixは、お客様が真にパーソナライズされたサービスのために、自社と旅客のニーズに合わせた機内小売環境を作成、管理、制御する支援をしています。同社は、ケータリング、免税品、機内エンターテインメントなどのグローバル大手会社と提携して、世界各国の航空会社や鉄道会社に包括的な機内小売サービスを提供しています。GuestLogixのグローバル本社と製品イノベーションセンターは、トロントにあり、地域本社はダラス、ロンドン、香港にあります。詳しい情報は www.guestlogix.com リンク をご覧ください。

(c) 2014 GuestLogix.全版権所有。

将来予想に関する記述(Forward-Looking Statements)について

このニュースリリースには、現在の期待に基づいた特定の将来予想に関する記述(forward-looking statement)が含まれています。これらの記述には、GuestLogixが運営している事業や環境に関連したリスクと不確実性が伴います。この文書に含まれている記述のうち、過去の事実に関する記述以外はすべて、将来予想に関する記述と見なされます。それらは、同社やその経営陣が関連する範囲内で、「予測」「信じる」「計画」「推定」「期待」「意図」などの表現や、同等の表現により識別できます。将来予想に関する記述は過去の事実ではありませんが、将来の業績または出来事に関するGuestLogixの現在の期待を反映しています。将来予想に関する記述は、多くのリスクと不確実性の対象となっていますので、実際の結果または出来事が現在の期待から大幅に異なる可能性があります。これらの事項は、2013年11月11日に規制当局に提出された文書の「リスクと不確実性」に記載されています。GuestLogixは、将来予想に関する記述を更新する義務や、実際の結果が将来予想に関する記述に反映された内容と異なる場合がある理由について更新する義務を負いません。

GuestLogix Inc.
Dan Thompson
広報& IR
マーケティング担当SVP
+1-416-849-1566
dthompson@guestlogix.com

概要:GuestLogix Inc.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事