logo

◎ContentGuardが特許侵害でアマゾン、アップルなど5社を提訴

ContentGuard Holdings, Inc. 2013年12月19日 10時15分
From 共同通信PRワイヤー

◎ContentGuardが特許侵害でアマゾン、アップルなど5社を提訴

AsiaNet 55338
共同JBN 1527 (2013.12.19)

【プレーノ(米テキサス州)2013年12月19日PRN=共同JBN】米テキサス州に本社を置くPendrell Corporation(NASDAQ: PCO)の子会社ContentGuard Holdings, Inc.(ContentGuard)は18日、Apple, Inc. (NASDAQ: AAPL)、Amazon.com(NASDAQ: AMZN)、BlackBerry Corporation(NASDAQ: BBRY)、Huawei Device USA, Inc.、Motorola Mobility LLCの5社に対して特許権侵害訴訟を起こしたと発表した。この訴訟で侵害ありとした9件の特許は、著作権管理・保護技術における20年間におよぶ革新的研究、発明、製品開発を具現した300件以上の特許権と160件以上の特許申請の一部分を構成するものである。

現在製造されている世界の携帯電話、タブレット、電子リーダーの多くは音楽、映画、テレビ番組、ゲーム、文書その他の著作権を海賊行為から保護するため、ContentGuardのデジタル著作権管理(DRM)技術に依存している。ContentGuardがこれらのイノベーションを自社製品・サービスに組み入れていることに加えて、世界の大手技術、家電企業はContentGuardの著作権管理ソリューションの重要性を認めており、マイクロソフト、ノキア、ソニー、Time Warner、LG、東芝、パナソニック、NEC、富士通、サンヨー、シャープ、日立、カシオ、Pantech、Technicolorなどに自社製品に使用できるようライセンスを供与している。ContentGuardの革新の基本的性格は、その創立以来ContentGuardが知的財産権の違法使用を防ぐため、これまで1社に対してのみ訴訟を起こしただけであることにはっきり現れている。

ContentGuardのジェームズ・ベーカー副社長(ライセンス・戦略的開発担当)は「世界の大手企業の多くは当社の技術的革新の価値を認めており、快く支払いに応じ、これらのイノベーションを自社製品で適法に使用するため相応の金額を払っている。不幸なことに逆のアプローチを取っている企業もあり、使用するためには特許料を払わねばならないことを知りながらContentGuardの知的財産の違法な使用を継続している。ContentGuardは穏便に処理するため、かなりの時間や努力、経費をかけてきた。しかし、残念ながらこのイノベーションにかけた大きな投資を保護するため、法廷に持ち出さざるを得ないことになった」と語った。

▽ContentGuardについて-製品と革新の軌跡
ContentGuardはその起源が1990年代半ばのゼロックスコーポレーションの有名なパロアルト研究所(Palo Alto Research Center:PARC)にある。2000年にゼロックスとマイクロソフトによって独立の会社になったContentGuardは、DRMおよび関連するコンテンツ配信特許と技術の大手イノベーター、開発者、ライセンサーである。ContentGuardの知的財産(IP)ポートフォリオには、世界の300件以上の特許と169件の特許申請がある。ContentGuardは技術開発に1億米ドル以上を投資しその技術を市場に出している。ContentGuardはビジネスモデルの創成と現在一般的になっているデジタルコンテンツ配信の市場形成を生み出した基本的技術創成のパイオニアである。ContentGuardはまた、デジタルコンテンツの管理、保護を可能にする企業クラスの生産ライン用ソフトウエアをいくつか開発している。

ContentGuardは、妥当な条件に基づいたライセンスでその技術を利用できるようにしており、引き続き大手家電メーカーとデジタル著作権管理イニシアチブに関する研究、コラボレーションを提供している。Pendrell Corporation (NASDAQ: PCO) とTime Warner(NYSE: TWX)が所有するContentGuardは25件の新特許と2012年から始まった大手家電メーカーへの3件のライセンス供与で革新を継続している。詳細は以下のサイト参照。contentguard.pendrell.com

ソース:ContentGuard Holdings, Inc.

▽問い合わせ先
Christopher Doherty,
+1-425-278-7102,
christopher.doherty@contentguard.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事