logo

LINE、Androidに続き、12月中旬よりiPhoneへの18歳未満ユーザーのLINE ID検索利用制限を拡大予定

LINE株式会社 2013年12月06日 15時12分 [ LINE株式会社のプレスリリース一覧 ]
From PR TIMES

青少年ユーザー保護を目的に、LINE ID交換によるトラブル防止を更に強化

LINE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森川 亮)は、同社が運営する無料通話・無料メールスマートフォンアプリ「LINE(ライン)」 リンク において、12月中旬より、青少年ユーザー保護を目的とし、国内でiPhoneを利用する18歳未満ユーザーを対象に、LINE ID検索の利用制限を開始する予定となりましたのでお知らせいたします。
※開始時期は、Apple社のiPhoneアプリ審査によって、変動する可能性があります。

LINEでは、これまで、au・NTTドコモ・ソフトバンクモバイルのAndroid搭載端末を利用する18歳未満のユーザーを対象に同様の取り組みを行ってまいりましたが、12月中旬より、新たに同通信キャリアのiPhoneにも対象範囲を拡大し、更なる取り組みの強化を行います。

LINEは、通信キャリアから提供される「年齢判定サービス」(※)を活用し、ユーザーの同意のもと、当該ユーザーがLINEの指定する年齢(18歳)に達しているか否かを判別します。これらの仕組みを導入することにより、18歳未満のユーザーは、1)18歳未満のユーザー自身がLINE IDの設定・検索を利用できなくなり、2)他人が18歳未満ユーザーのLINE IDを検索しても、検索結果に表示されないため、友人募集を目的とした当社とは無関係の非公式サービス(スマートフォンアプリ・ウェブサイト)で、青少年ユーザーがLINE IDを交換することによるトラブルを防ぐ効果が期待できます。

LINEでは、今後も引き続き、青少年ユーザーを保護し、LINEをはじめとするインターネットサービスの安全性及び健全性を向上するための取り組みを積極的に行ってまいります。

※通信キャリアによりサービス名に差異がありますが、携帯電話利用者の年齢を判定・通知するサービスの総称として「年齢判定サービス」と表記しています。また、これらの「年齢判定サービス」を利用しても、生年月日および満年齢などの個人情報が当社へ通知されることはありません。

<参考情報>
■年齢認証方法
新規ユーザーは登録時、既存ユーザーはLINE IDに関する機能使用時に、年齢認証画面が表示されます。年齢認証を行うと、携帯電話事業者の年齢判定サービスを活用して、18歳以上か18歳未満かをシステム上で判別します。18歳未満であればLINE IDの設定・検索機能の利用を停止いたします。国内のAndroid・iPhoneユーザーは、上記の年齢認証を行わない限り、LINE IDの設定・検索機能をご利用いただくことができません。

■LINEの青少年保護に向けた従来からの主な取り組み
LINEは、家族や親しい友人とのコミュニケーションを楽しんでいただくことをコンセプトとして提供しているサービスです。当社では、お客様に安心・安全にご利用いただけるよう、青少年ユーザーの安全・安心な利用を促進するための専門部署を立ち上げ、様々な取り組みを行っています。

●インターネット上のLINE IDの書き込みをモニタリング
App Store/Google Playのレビュー欄をモニタリングし、該当する書き込みを発見した場合、Apple社とGoogle社に削除要請を行っています。
友だち募集を目的とした非公式サービス(スマートフォンアプリ・ウェブサイト)運営事業者に対して抗議・差止要求を行い、当社が調査の結果把握した非公式掲示板のうち75%以上を閉鎖しました。

●インターネットサービスの健全利用に向けた啓発活動
全国各地の学校・父母・教職員団体向けに、インターネットサービスの安全な利用に繋がる各種教育・啓発活動を実施しています。
また、青少年や保護者向けに、正しい利用を啓発する「LINE安心安全ガイド」ページを開設し、常時表示しています。リンク


●プライバシーに関する設定機能の提供
LINE上で連絡をとりあう「友だち」を追加する方法や、情報の公開範囲を、ユーザー自身で管理できる機能を搭載しています。(アドレス帳の連携設定・友だち自動追加設定・タイムライン・ホーム公開設定など)

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。