logo

子ども向けの英語グローバルコミュニケーション学習サービス「DreamPIE」がスタート

世界にトモダチをつくる準備をしよう

英語を学ぶのではなく、英語でできることを増やす…
年間300 万人が訪れる育児コミュニティ「ベビカム」を15 年運営するデジタルブティックから
グローバルコミュニケーション学習サービス「DreamPIE」がスタート



「世界にトモダチをつくる準備をしよう」

これまでの日本の学校教育の中で、英語の授業を長時間かけて受けてきたはずですが、英語を自由に扱える人は多くありません。その結果、せっかくいいアイデアを持っていても世界の人たちに伝えられなかったり、他国の素晴らしい文化を理解できなかったりしているのではないでしょうか。言葉の壁など意識せず、自然にコミュニケーションできたら、自分の大きな夢を実現したり、世界の誰かの願いをかなえてあげるために役立つはずです。それを目指すためのグローバルコミュニケーション学習サービスがDreamPIEです。


DreamPIE サイトURL:  リンク


【DreamPIEの特徴】

・オンラインレッスンをはじめ、ワークショップ、イベントなど英語で楽しむ様々な機会を提供
・オンラインレッスンでは、レゴ社のブロック教材を利用した世界初のサービス(LEGO education 社との契約締結)
・子どもが体験した内容に応じてPowerが獲得でき、体験したイベントの写真もマイページに蓄積されて記録に残る
・国際基準カリキュラムをベースとしたグローバルコミュニケーションを目指すレッスン
・世界30カ国以上で高く評価されている親子音楽プログラム 「Music Together」の日本での本格展開
・クルマの中で英語で楽しむ、新しいコンセプトCDの制作発売(Eric Jacobsen)

なお、DreamPIEのスタートに伴い、パソコンではなく、家庭のテレビを利用した魅力的なオンラインレッスン環境を推進するために、NTT東日本との共同プロモーションを開始しました。フレッツ光の新規契約者には、家庭のテレビに接続するだけでSkypeを使えるカメラを特別価格で購入できたり、フレッツメンバーズポイントでDreamPIEが利用できるなどの特典を提供しています。


DreamPIEでは、これからの子ども向けの学習環境に対する親の意識の高まりを受け、上記のようなサービスをはじめ、今後新しいサービスも加えながら、初年度2万人、3年間で10万人の利用者を想定しています。


株式会社デジタルブティック (東京都中央区 代表取締役 安西正育) リンク

DreamPIE  リンク

【会社概要】
1998年より日本最大級の育児コミュニティサイト「ベビカム」の運営を行う。グローバルコミュニケーション学習サービス「DreamPIE」では、オンラインレッスンだけでなく、子ども向けに英語でのさまざまな体験を提供しています。

お問い合わせ先: 株式会社デジタルブティック(担当:星川 hoshikawa@digiboutique.or.jp / 03-5148-5541)

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事