logo

富士ゼロックス トニー・レオン氏を起用した新ブランドキャンペーンを中国で展開

富士ゼロックス株式会社 2013年12月04日 17時27分
From 共同通信PRワイヤー

2013年12月4日

富士ゼロックス株式会社

トニー・レオン氏を起用した新ブランドキャンペーンを中国で展開
新商品発売を契機に、中国市場での成長を加速

富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社: 東京都港区、社長:山本 忠人)は、新商品の販売開始を契機に、中国主要都市において交通広告、インターネットメディアを中心としたブランドキャンペーンを12月9日(一部地域では12月1日)より展開します。本ブランドキャンペーンには、国際派スター、トニー・レオン氏を起用します。

今回のブランドキャンペーンでは、「打印精彩」(Print Color: 素晴らしいプリントをしよう )をスローガンに、「中国は色鮮やかな文化で満ち溢れている」というコンセプトを表現。12月4日に発売するオフィス向けフルカラー複合機の新シリーズ「ApeosPort-V C」および「DocuCentre-V C」により、中国市場におけるドキュメントのカラー化のニーズに応え、「再現性が高く、微細で美しいカラー出力技術」と「進化した環境技術」を提供することを、中国のお客様により広く認知していただくことを狙いとしています。

トニー・レオン氏は、「香港電影金像奨 最優秀主演男優賞」を史上最多の五回受賞。2000年には映画「花様年華」で、「カンヌ国際映画祭 最優秀主演男優賞」を受賞するなど、国際的に活躍するトップスターです。世界的に人気の高い同氏が持つ「知的」なイメージと、世界トップレベルの技術力を誇る当社のブランドイメージが合致し、イメージキャラクターとして2010年より起用しています。

成長著しい中国市場において、本ブランドキャンペーンを実施することで、富士ゼロックスが提供する先進的なオフィス環境および当社ブランドの認知拡大、さらに企業イメージの向上を図ります。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事