logo

カーライフ支援サービス「ドコモ ドライブネットインフォ」を共同開発

パイオニアの自動車向けクラウド基盤「モバイルテレマティクスセンター」を活用したドコモのITSサービス

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)とパイオニア株式会社(以下、パイオニア)は、スマートフォンに話しかけるだけで、クラウド上で生成された渋滞情報や周辺情報など、運転中に便利な情報を教えてくれる新たなカーライフ支援サービス「ドコモ ドライブネットインフォTM」を共同で開発いたしました。2013年12月中旬よりドコモのサービスとして提供開始予定です。

 ドコモとパイオニアは、これまでドライバー向けナビゲーションサービス「ドコモ ドライブネット(R)」や車載用クレイドルの開発など、カーエレクトロニクスと情報サービスとの融合に協力して取り組んで参りました。
 このたび提供を開始する「ドコモ ドライブネットインフォ」は、パイオニアが新たに開発した次世代自動車向けクラウド基盤 「モバイルテレマティクスセンター」を活用したサービスです。モバイルテレマティクスセンターは、スマートフォン、車載機器を含むドライバー向けサービスや、自動車関連ビジネスを行っているさまざまな企業のサービスを支える基盤として、「つながるクルマ」時代に向けて開発した「地図エンジン」や「クラウドナビエンジン」、各種ビッグデータを解析処理する「運転状況把握エンジン」を搭載しています。

 「ドコモ ドライブネットインフォ」は、この「モバイルテレマティクスセンター」とドコモの「しゃべってコンシェル(R)」技術を応用した音声意図解釈技術※や音声合成技術を組み合わせることで、渋滞情報や周辺情報の提供に加え、電話の発信や音楽の再生、SMSの送受信、最新ニュースの確認などをスマートフォンに話しかけるだけで利用できます。


■提供開始時期:2013年12月中旬(予定)
■ご利用料金:無料

なお、車内におけるスマートフォンの安全な利用を想定した「スマートフォンホルダ01」を新たに開発いたしました。

本件に関する詳細につきましては、別紙をご参照ください。


※ 音声意図解釈技術で利用している雑談技術は、NTTメディアインテリジェンス研究所の技術を使用しています。
* 「ドコモ ドライブネット」「ドコモ ドライブネットインフォ」「しゃべってコンシェル」は、NTTドコモの登録商標です。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。