logo

お店の魅力を親しみやすくアピールし、お店と顧客の絆を深める 「シェフの顔が見えるページ」本格スタート!

 株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:久保征一郎、以下 ぐるなび)は、「シェフの顔が見えるページ」を9月9日(月)に新設し、10月1日(火)から本格的にスタートします。




 「シェフの顔が見えるページ」は、加盟店の店舗ページ内の「メニューページ」や「こだわりページ」 、「シェフの日ページ」に、シェフの修業経験や受賞歴といったプロフィール、シェフのおすすめメニューや、シェフならではのこだわりの食材を紹介できる機能を9月9日(月)に試験的に開始していましたが、 10月1日(火)から本格的にスタートします。「シェフの顔が見える店」になることで、ユーザーに対し、お店の魅力や親しみやすさを伝えることができ、「こんなシェフの作る料理を食べてみたい」、「以前あのお店にいたシェフだから食べに行ってみよう」という、シェフを切り口とした集客を促進することにもつながります。


 また、「シェフの日」の取り組みを紹介するページも10月1日(火)からスタートします。これまでぐるなびでは、シェフが顧客に感謝の気持ちを伝える取り組みを「シェフの日」と位置づけ、シェフと顧客のコミュニケーションを深めるため、「シェフのイベント」や「試食・試飲会」「料理教室」の開催をサポートしてきました。 新設される「シェフの日」ページでは、 前述した3つのカテゴリーで、ぐるなびが選りすぐった最大10の「シェフの日」が3枠でランダム表示され、ユーザーへの認知向上を図ります。


 ※2014年3月末までに約1万人のシェフの声の掲載を目指します。


▲「シェフの顔が見えるページ」イメージ


▲「シェフの日」リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。