logo

由紀さおりとの『1969』から2年、ピンク・マルティーニが「ズンドコ節」をカバー、日本先行配信スタート!

ユニバーサル ミュージック合同会社 2013年09月11日 14時55分
From PR TIMES



由紀さおりとのコラボレーションで世界的に大ヒットしたアルバム『1969』から2年、アメリカのジャズ・オーケストラ、ピンク・マルティーニが、彼らのオリジナルアルバム『草原の輝き』からは4年ぶりとなるニューアルバム『Get Happy』をアメリカ本国で2013年9月24日にリリースします(日本盤は11月13日リリース予定)。

このニューアルバム『Get Happy』に収録されている「ズンドコ節」を、世界に先駆け日本では9月11日(水)より先行配信がスタート。ザ・ドリフターズの「ズンドコ節」のカバーを歌唱しているのは、アルバム『1969』で「真夜中のボサ・ノバ」を由紀さおりとデュエットしていた「ティモシー・ニシモト」。シュールでユーモラスなこのカバーは、ピンク・マルティーニならではの絶妙なセンスが光っています。

夏の全米ツアーで各州を駆け巡ったピンク・マルティーニですが、7月19日~21日の3日間行われた世界最大級の野外音楽堂「ハリウッドボウル」でも「ズンドコ節」を披露。何人もの日本人男性客をステージ上に呼び込み、「ズンズンズンズンズンズンドコ」と皆でドリフの振付のようなダンスをしながら、会場を大いに沸かせていました。4月のパリ公演でも同じく披露しており、「ズンドコ節」で会場が盛り上がる様はなかなかキッチュな光景であり、また新鮮でした。

これまでも自らのオリジナルだけでなく世界各国の楽曲をカバーしてきたピンク・マルティーニですが、ニューアルバム『Get Happy』では、特に日本でもおなじみのスタンダード楽曲を多数カバーし収録。20世紀のあらゆる時代や国のポップソングの融合を柱に、緻密で豪華なポップ・オーケストラ・アレンジで、9言語にわたり、16曲を収録したピンク・マルティーニの最大にして最高傑作が誕生しました。

アルバム表題曲のオリジナル楽曲「Get Happy/Happy Days Are Here Again」では、ルーファス・ウェインライトが参加。アルバムの最後に収録されている「Smile」は、ボーカリストとして迎えた女優フィリス・ディラーの生前最後のレコーディングとなり、その半年後に95歳でこの世を去った彼女へのトリビュート曲の役割を果たしています。


■配信シングル
Pink Martini「ズンドコ節」
DD-02346 
2013年9月11日リリース
レコチョク        リンク
iTunes(試聴あり)  リンク

■ニューアルバム
Pink Martini『Get Happy』
HNZ013
2013年9月24日リリース
1. Ich dich liebe 
2. Quizas quizas quizas 
3. I'm waiting for you to come back
4. Omide zendegani 
5. Yo te quiero siempre 
6. Je ne t'aime plus
7. ズンドコ節 
8. Pana cand nu te iubeam 
9. She Was Too Good To Me
10. Uskudar’a gider iken 
11. Sway 
12. Kitty Come Home
13. What'll I Do?
14. Get Happy/Happy Days Are Here Again 
15. Heliotrope Bouquet
16. Smile

■アルバム
『1969』
TOCT-27098  3,000円(tax in)
NOW ON SALE

【ピンク・マルティーニ:プロフィール】  リンク
米国ポートランドを拠点に世界中で活動を続けるジャズ・オーケストラ(USはもちろん、フランス、ギリシャ、カナダ、等欧米各国に加えアジア各国で活躍中)。                                                             前作『1969』では兼ねてから親交のあった“由紀さおり”とのコラボレーションが実現。由紀のデビュー年であった1969年にヒットした世界各国のナンハ゛ーをカバーし世界的に大ヒット。『1969』リリース以降2度にわたる全国ツアーを実施(述べ25本)。昨年2012年には由紀さおりと共にNHK紅白歌合戦にも出演。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。