logo

テクトロニクス、エントリ・レベルのTBS1000シリーズ・オシロスコープに4チャンネル・モデルを追加

テクトロニクス 2013年09月02日 11時57分
From Digital PR Platform


報道発表資料
2013年9月2日

テクトロニクス(代表取締役 米山 不器)は、本日、TBS1000シリーズ・オシロスコープに60MHz、100MHz、150MHzの4チャンネル・モデルを追加することを発表します。TBS1000シリーズ・オシロスコープはテクトロニクスで設計、製造され、研究/開発、教育、サービス/製造の電気テストにおいて高い信頼性を提供します。

TBS1000シリーズの4チャンネル・モデルは頻繁に使用される測定機能と解析機能を備えており、60MHz帯域モデルで92,800円(税抜)、最上位の150MHz帯域機で168,000円(税抜)の価格帯となっています。優れた性能と測定確度を備えており、最高サンプル・レートは1GS/s、最高DCゲイン確度は2mV/divで2%です。

TBS1000シリーズ(Tektronix Basic Scope)オシロスコープは、2012年11月に、2チャンネル・モデル5機種で発表されました。今回4チャンネル・モデルが追加されることでさらに汎用性が拡がり、電子回路の設計、デバッグ、品質保証のアプリケーションなど、ますます広範囲なテスト環境でご使用いただけます。

2チャンネル、4チャンネル・モデル共に、フルセットの機能を持つプログラム・インタフェースを装備しており、オシロスコープの制御やデータ転送だけでなく、データログ機能により波形をUSBメモリに保存することも可能です。また、波形の周囲にリミット・バンドを設定してマスク・テストを実行し、波形がこのリミット・バンドから外れた場合のアクションの設定も可能です。

テクトロニクス、ベーシック・オシロスコープ、ジェネラル・マネージャのジェフ・ヨスト(Jeff Yost)は、次のように述べています。「TBS1000シリーズの4chモデルのリリースにより、世界中のサービス拠点、テスト・ラボ、設計部門、教育機関の、すべてのチームに高性能なデジタル・オシロスコープを配備することが可能になります。しかも、ただのオシロスコープではなく、世界中で広く使用されているテクトロニクスのオシロスコープなのです。すべてのエンジニアが親しんでいる直感的な操作に加え、正確で再現性のある測定結果が得られます」

テクトロニクスについて
テクトロニクスは、計測およびモニタリング機器メーカとして、世界の通信、コンピュータ、半導体、デジタル家電、放送、自動車業界向けに計測ソリューションを提供しています。65年以上にわたる信頼と実績に基づき、お客様が、世界規模の次世代通信技術や先端技術の開発、設計、構築、ならびに管理をより良く行えるよう支援しています。米国オレゴン州ビーバートンに本社を置くテクトロニクスは、現在世界22カ国で事業を展開し、優れたサービスとサポートを提供しています。詳しくはウェブ・サイト(www.tektronix.com/ja)をご覧ください。

テクトロニクスの最新情報はこちらから
Twitter (@tektronix_jp)
Facebook (リンク
YouTube(リンク

お客さまからのお問合せ先
テクトロニクス お客様コールセンター
TEL 0120-441-046 FAX 0120-046-011
URL リンク

Tektronix、テクトロニクスは Tektronix, Inc.の登録商標です。本文に記載されているその他すべての商標名および製品名は、各社のサービスマーク、商標、登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。