logo

価格.comリサーチ 『タブレット端末』に関する調査結果を発表

株式会社カカクコムが運営する購買支援サイト『価格.com ( リンク ) 』が実施したユーザーへの意識調査「価格.comリサーチ」より、第72回『タブレット端末アンケート2013 iPad?Android?それともWindows!?-』の調査結果を一部抜粋の上、ご案内します。




--------------------------------------------------------------------------------------
タブレット端末の所有率は46.9%、1年で約20ポイント上昇 7インチタブレットの登場が急速な普及を後押し
所有端末メーカー、「アップル」が46.1%、海外勢優位の中「ソニー」が健闘
OSでは「Android系」(54.6%)が「iOS」(41.2%)を上回る
購入を検討したいメーカー、「アップル」が前回より10ポイント落とし人気にやや陰り
URL: リンク
--------------------------------------------------------------------------------------

※調査結果詳細・グラフPDF : リンク

【結果ダイジェスト】
●所有率:1年で約20%上昇し、半数に迫る46.9%。パソコン依存度が低い若年層ほど所有率が高い。
●購入時期:「iPad mini」「Nexus7」など、7インチクラスの登場が購入のきっかけに。
●所有端末のメーカー: アップル(46.1%)がダントツ。Android陣営やWindows陣営も勢力拡大中。国内メーカーではソニーが健闘。
●所有端末のOS:躍進めざましい「Android系」(54.6%)が「iOS」(41.2%)を上回る。
●所有端末の画面サイズ:急速に普及している7インチ台(41.3%) が半数近いシェアを獲得。
●製品選びの重要ポイント:「価格の手ごろさ」(44.9%)がトップ。「バッテリー駆動時間」、「動作速度」はスマートフォンほど重要視されず。
●用途:「ネットサーフィン」(49.7分)。「地図・カーナビ」(27.0分)利用が「動画鑑賞」(26.6分)を上回り3位に。エンターテイメント系やSNSの利用は減少傾向。
●購入意欲:全体の4分の3が今後も購入意思あり。タブレット端末需要は今後も底堅い模様。
●今後購入を検討したいメーカー:「アップル」(45.0%)がダントツも、相対的には人気にやや陰り。「Google」(10.0%)と「マイクロソフト」(5.7%)を抜いて、「ソニー」(15.2%)が健闘。

【調査パネル】
調査エリア:全国 調査対象:価格.comID 登録ユーザー
調査方法:価格.comサイトでのWebアンケート調査
回答者数:6,036人 
調査期間:2013年7月11日~2013年7月17日
※四捨五入による端数処理のため、合計が100%にならないことがあります。

【価格.comサイトデータ】(2013年7月末現在)
月間利用者数4,500万人、月間ページビュー9億2,017万PV、累計クチコミ件数約1,570万件。
<利用者内訳>PC:3,102万人 スマートフォン:1,310万人 フィーチャーフォン:88万人

【データの引用・転載時のクレジット表記について】
本調査結果の引用・転載の際は、必ずクレジットを明記くださいますようお願い申し上げます。
クレジット表示例
・「価格.comリサーチ」調べ
・購買支援サイト「価格.com」が実施した調査によると…

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社カカクコム 広報担当 
e-mail:pr@kakaku.com

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事