logo

株式会社SMbrandと株式会社テンダが新型ECプラットフォームの共同開発を発表

~年間100億円を越える小売受注への対応と新たなユーザーニーズに対応する 新パッケージの企画・開発・運用で業務提携~

e・コマースのフルフィルメントサービスを展開する株式会社SMbrand(東京都渋谷区:代表取締役 松田 周)とAndroid ・iPhone・iPadアプリ開発 / Web・モバイルサイト開発などを展開する株式会社テンダ(東京都豊島区:代表取締役社長 小林 茂 )は、株式会社SMbrandのe・コマース運営とクライアントe・コマース運営に対するフルフィルメントサービスの更なる充実の為、新ECプラットフォームを共同開発する事で合意致しました。
また今後の更なる機能向上と安定稼働を目指し株式会社SMbrandと株式会社テンダは業務提携を行います。

業務提携に伴い、株式会社テンダ内に「SMbrand Labo」を設置、年間5000万円の予算を掛けe・コマースフルフィルメントサービス用のプラットフォームの共同開発を行います。

新ECプラットフォームは2014年中旬の完成予定で、現在のクライアント15アカウントに加え、既に問い合わせが有り完成する2014中旬まで開発待ちの新規クライアント10アカウントを皮切りに30アカウントの受託を計画しています。


【業務提携の経緯】

株式会社テンダは既にモバイルソリューションやCMSについて充実した機能を完備し、アプリ開発・パッケージソリューションなどその後の展開を検討しやすい環境があること、更に大手民間企業や公益法人、プロフェッショナルなどのクライアントに対し、質の高いソリューションや人材提供を行い、評価・実績が十分にあることがあげられる。

【新システム開発の経緯】

フルフィルメントサービスにおいて新たなシステム開発に至った経緯としては、現在稼働している15アカウントでの運用の結果、更なる規模拡大に対して現在のシステムではスピード・自由度共に限界があると判断したこと、また株式会社SMbrandが2013年2月に先行して岐阜に設置した、FbS(Fulfillment by SMbrand)中部支所の順調な稼働に稼働し、既に物流拠点としての機能が充実したことが挙げられます。
そして中部支所においては、新たな業務推進として検品・検針・検数・プレス業務などのアパレル製品のクオリティを上げる取組の他、クライアントの為のBtoB配送なども開始し、既に取扱い件数は1日2000件を突破しております。(2013年6月日平均)

【今後の目標】

2015年初旬までに各サービスにおいて多数のクライアントの様々な運用方法・商材に対応した完全なるフルフィルメントサービスを展開する予定です。

【主なサービス内容】

e.コマースソリューションの提供、e・コマース運営業務、コールセンター業務、物流・出荷業務倉庫管理業務、受注管理業務、モデル等のキャスティング業務、広告プロモーション業務、マーケティング・商品開発業務、撮影全般・画像加工業務、決済代行サービス業務

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事