logo

◎東京サミット2013にスポットオプションが参加

スポットオプション 2013年07月16日 13時45分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎東京サミット2013にスポットオプションが参加

AsiaNet 53710
共同JBN 0834 (2013.7.16)

【ロンドン2013年7月16日PRN=共同JBN】フォレックス・マグナイト(Forex Magnate)が開催する東京サミット2013のスポンサー企業としてスポットオプション(SpotOption、リンク)は、製品紹介と戦略的パートナーシップ構築のため、600の世界の主要外為専門家が集まる同サミットに参加する。スポットオプションは、自社の提供するバイナリーオプション・プラットフォームがアジアで圧倒的な人気があることに応え東京支店を開設した。同支店設立は効率的に業務を拡大するための次の必然的な一歩であり、東京サミットは当社のラダー取引を紹介するには最適な場所である。

ラダー取引は通常のバイナリーオプションとは異なり、さまざまな行使価格(strike price)や利益/リスク比率などを表示する。スポットオプションの最新デザインによって、この機能はユーザーに素晴らしい経験をもたらし、大きな市場性を得ることになった。日本では、バイナリーオプションについてJFSAが関心を示し、法制化が進められている。またスポットオプションのラダー機能は承認を受けており、日本のオペレーターが合法的に参加できる。さらに、スポットオプションのシステムは、JFSAが求めるレポーティング、限度設定などにも適合している。

スポットオプション創立者のピニ・ピーター氏は「われわれは、製品の東京サミットで外為業界の首脳たちに最新の機能を紹介できるのを楽しみにしている。同地域でバイナリーオプションを求めている多数のトレーダーに提供できる製品を日本に紹介するために懸命に仕事をしてきた。当社のSpot Ladderはあらゆる期待を上回るものであり、東京サミットで皆の反応を見るのが楽しみだ」と述べた。

東京サミットでのスポットオプションのブースは#32。リンクを参照。

▽問い合わせ先
Tanya West, Marketing & Communications,
SpotOption,
+35724022455, tanyaw@spotoption.com

ソース:SpotOption Ltd.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。