logo

◎Praj社の技術を使った英国最大のバイオエタノール工場が正式オープン

Praj Industries Limited 2013年07月10日 10時25分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎Praj社の技術を使った英国最大のバイオエタノール工場が正式オープン

AsiaNet 53657
共同JBN 0810 (2013.7.10)

【プネー(インド)2013年7月9日PRN=共同JBN】Vivergo Fuels LtdはPraj(プラジ)社の技術および設計に基づいた英国最大のバイオエタノール工場を正式オープンした。Prajはバイオエタノール、アルコールと醸造、水と汚水、プロセス機器のエンジニアリングおよびソリューションの世界的なプロバイダーである。

(ロゴ:リンク
(写真:リンク

この革新的なバイオ精製所は英国の飼料小麦を使い、独自の方法で一体化された蒸留、乾燥、蒸発がエネルギー消費を削減するため、非常にエネルギー効率が良くなっている。同工場は温室効果ガス(GHG)削減のための「EU持続可能性判定基準」を厳守するものになっている。

Vivergo FuelsはAB Sugar、BP、デュポンの合弁企業である。同工場は現在の英国のガソリン需要の約3分の1に相当するバイオエタノールを製造することが可能で、さらに1施設として英国最大の飼料の供給者になる。Vivergo Fuelsはすでに「持続可能性基準の国際認証機関(ISCC)」の認証を得ているが、これはバイオエタノール工場およびそのビジネスが「EU再生可能エネルギー指令」の要求に完全に準拠していることを認証するものだ。

Prajはコアプロセス・ブロックのための技術、ベーシックエンジニアリングおよび一定の設備のライセンスを提供したが、そのなかには液化、発酵、蒸留、マルチ効果蒸発、モレキュラシーブ乾燥が含まれている。同工場の設計では年間110万トンの飼料グレード小麦を使い、4億2000万リットルのバイオエタノールおよび50万トンのタンパク質を豊富に含む飼料を製造することになっている。

CEマークを得たプレファブ式の設備はインド・カンドラの経済特区にあるPrajの製造施設で設計、組み立て、製造、テストされた。これによって現場での設置が迅速で容易になった。直径4.6メートル、高さ37.75メートルの巨大な設備が一体のまま輸送された。

Praj Industries Limitedのプラモド・チョーダリー会長は「Vivergo Fuelsの英国最大のバイオエタノール・プロジェクトに参加できたことはPrajにとっては素晴らしい経験でもあり、誇りでもある。Prajの30年近い経験のなかでも、エネルギー消費が最小のエネルギー効率の良い工場を設計できた。これによる水と蒸気の節約は30から40%にのぼる。Prajの技術に基づくバイオエタノール工場は英国では2番目になる」と述べた。

Vivergo Fuelsのマネージング・ディレクター、デーブ・リチャーズ氏は「当社工場が正式オープンされたことを非常に喜んでおり、将来、欧州最大のバイオエタノール・ビジネスの1社になることを期待している。今回のプロジェクトの引き渡しに向けてPrajが終始示してくれたサポートに感謝したい」と述べた。

詳しい情報はウェブサイト(リンク)を参照。

ソース:Praj Industries Limited

▽問い合わせ先
Vinati Moghe, VP,  Corporate
Sohini Dam, Asst. Manager, Corporate Communication
vinatimoghe@praj.net
sohinidam@praj.net
+919822430906


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事