logo

おしゃれで創造的な子育てができるすまいの研究所「Oh-Gardens.Creative Lab」をサイト公開!4月19日(金)より



各界のスペシャリストが集結!都心でのこれからの子育てとは!?
おしゃれで創造的な子育てができるすまいの研究所
「Oh-Gardens.Creative Lab」をサイト公開!
4月19日(金)より(リンク
~桐島かれんさん・滝沢眞規子さん・青山有紀さん・西畠清順さん・石戸奈々子さん・宮本充さんご参画~

                          三井不動産レジデンシャル株式会社
                          日本土地建物販売株式会社
                          大成建設株式会社
                          大和ハウス工業株式会社
                          新日鉄興和不動産株式会社


 三井不動産レジデンシャル株式会社、日本土地建物販売株式会社、大成建設株式会社、大和ハウス工業株式会社、新日鉄興和不動産株式会社は、JR山手線内側で最大級(*1)となる大規模複合再開発「北品川五丁目第1地区」のランドマークとして誕生する、超高層分譲マンション「パークシティ大崎(総戸数734戸/平成27年5月竣工予定)」において、おしゃれで創造的な子育てができる暮らしを実現するため、各界のスペシャリストとコラボレーションした研究室「Oh-Gardens.Creative Lab」を発足しました。また、当研究室でおこなわれるミーティングやディスカッションの模様を4月19日(金)よりWEBサイトで一般公開いたしました。

 「Oh-Gardens.Creative Lab」では、都心部での子育ての在り方を中心に感動や驚きの「Oh」が満ち溢れる暮らしを実現するため、スペシャリスト達がディスカッションを行い、アイデアを育んでいく模様を動画形式で順次公開して参ります。ディスカッションのテーマは「都心での子育てと自然環境」「屋上の活用について」「子育てについて」「子どもの創造性について」「食の大切さ」の5つに設定。「パークシティ大崎」に必要な要素とアイデアを各スペシャリストが持ち寄り、議論を積み重ね、屋上やキッズルーム、パーティールームなど様々な共用空間を中心に、アイデアの実現に向けたプランニングの過程をご覧いただけます。


【「Oh-Gardens.Creative Lab」のスペシャリスト・メンバー】
 おしゃれで創造的な子育てができる暮らしを実現するために「Oh-Gardens.Creative Lab」がコラボレーションするスペシャリストのメンバーには、当研究室のクリエイティブリーダーとして、4児の母親でありながら美しいライフスタイルで常に注目を集める 桐島かれんさん(モデル)、ママ視点のおしゃれ子育てスーパーバイザーとして3児の母親とファッションモデルを両立する 滝沢眞規子さん([VERY]モデル)、食を中心に創造性のある暮らしを考える 青山有紀さん(料理家)、植栽を通じて有機的な街づくりを考える 西畠清順さん(プラントハンター)、おしゃれ子育てをかたちにするエデュケーション ディレクター 石戸奈々子さん(NPO法人CANVAS理事長)、慶応義塾大学大学院メディアデザイン研究科で開発するワークショップのノウハウを活かしたエデュケーション オーソリティ 宮本充さん(NPO法人CANVAS所属/慶応義塾大学大学院メディアデザイン研究科研究員)をお迎えします。


【パークシティ大崎】
 「パークシティ大崎」は、JR山手線内側で最大級(*1)となる約3.6haの開発面積を有するオフィス・商業施設・マンションが一体となった大規模複合再開発「北品川五丁目第1地区」のランドマークとして誕生予定、総戸数734戸・地上40階建てのタワーマンションです。経年優化をめざす環境創造型大規模開発住宅「パークシティ」ブランドとしてJR山手線内側で初(*2)となる「パークシティ大崎」は、都心の利便と緑溢れる環境の両立を図り、東京の新しい姿を未来へ届けることをめざします。


【パークシティ大崎が誕生する大崎駅周辺の大規模再開発】
 現在、大崎駅周辺エリアでは東京都副都心計画として開発面積約29ha(*3)におよぶ大規模市街地再開発事業が進められています。昭和55年から始まったこのビッグプロジェクトは、“緑地空間の連続体となる街づくり”をコンセプトにした「GARDEN CITIES構想(*4)」のもと「アーバンデザインガイドライン(*5)」が策定され、街としてのまとまりに配慮した開発が進められてきました。「パークシティ大崎」が位置する「北品川五丁目第1地区」は、この大規模再開発のフィナーレを飾るフラッグシップ・プロジェクトとして開発が進められています。


*1 山手線内側で今後開発される再開発事業のうち、本市街地再開発事業(約3.6ha)が第2位の開発面積であることを表現しています。(平成24年10月現在・東京都都市整備局資料より。完成済みを除く。)

*2 三井不動産株式会社および三井不動産レジデンシャル株式会社(他事業主との共同開発を含む)の手掛ける環境創造型大規模再開発住宅シリーズ「パークシティ」が山手線内側エリアにおいて初の供給であることを示します。なお、三井不動産株式会社および三井不動産販売株式会社(現:三井不動産リアルティ株式会社)は、平成18年10月1日をもって、住宅分譲事業および住宅販売受託事業をそれぞれ分割し、その一切を三井不動産レジデンシャル株式会社に承継しました。

*3 大崎副都心に位置する「東五反田地区街づくり推進協議会」により定められた開発地域です。(オーバルコート大崎/平成13年6月竣工、アートヴィレッジ大崎/平成19年1月竣工、東京サザンガーデン/平成22年6月竣工、北品川五丁目第1地区第一種市街地再開発事業/平成27年5月全体竣工予定。)

*4 東五反田地区(約29ha)の開発地域における街づくりのテーマです。

*5 「東五反田地区まちづくり推進協議会」により定められた東五反田地区(約29ha)で共有する景観デザインの指針及びデザイン手法を表現したもので、必ずしも全ての開発に適用されるものではありません。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。