logo

「アルテラ SoC シンポジウム」開催 - 5 月 15 日(水) 東京コンファレンスセンターにて、入場無料 (事前登録制) -

日本アルテラ株式会社 2013年04月09日 14時13分
From PR TIMES

・アルテラおよび組込みパートナー各社より、ソフトウェア開発とハードウェア開発の両方の視点から最新組込みソリューションを紹介

プログラマブル・ロジック・ソリューションの世界的リーディング・カンパニーである米アルテラ・コーポレーションの日本法人、日本アルテラ株式会社(東京都新宿区 代表取締役社長:日隈寛和 以下、アルテラ)は、2013 年 5 月 15 日(水) 東京コンファレンスセンター 品川にて、「アルテラ SoC シンポジウム」を開催いたします。

製品の差異化、早期市場投入が不可欠であるエレクトロニクス業界で近年ますます注目を集めるアルテラ SoC 製品をこのたび出荷しました。デュアルコア ARM(R) Cortex(TM)-A9 プロセッサ・システムと FPGA ロジックを単一のデバイス上に統合したアルテラの 28nm SoC デバイスは、広範なパートナー・エコシステムにて、様々なオペレーティング・システムおよびソフトウェア開発ツールがサポートされており、今すぐ利用可能です。

アルテラでは、組込みシステム設計者を対象としたシンポジウムを開催し、アルテラならびに組込みパートナー各社より、組込みシステム開発にすぐに活用できる開発環境とその最新手法を紹介します。

このシンポジウムでは、午前中は共通セッションとして、名古屋大学 准教授 本田氏による基調講演、そしてアルテラの組込み機器向け製品とソリューションのプレゼンテーションを行います。午後からはトラックを 2 つ設け、ソフトウェア開発とハードウェア開発のそれぞれの視点から各種開発手法をご紹介します。

シンポジウムの受講料は無料(事前登録制)で、お申し込みはウェブサイトにて受け付けます。事前申し込み時に、ご希望の午後のセッションをお申込みください。


[アルテラ SoC シンポジウム 開催概要]
■2013 年 5 月 15 日 (水) 10:00 ~ 17:05
■会場:東京コンファレンスセンター 品川
■参加費:無料/事前登録制 (定員に達し次第受付を終了させて頂きます。ご了承ください)
■対象:組込みプロセッサ・システムの設計開発に携わる方
■紹介内容:

・名古屋大学 准教授 本田氏による基調講演
・アルテラの組込み機器向け製品とソリューションの概要
・アルテラおよびパートナー各社による アルテラ SoC ハードウェア開発手法/開発環境
・アルテラおよびパートナー各社による アルテラ SoC ソフトウェア開発手法/開発環境
・Qsys システム統合ツール、アルテラ SoC 開発キットの紹介
■パートナー企業: アーム株式会社、イーソル株式会社、インスケイプ株式会社 (APS -ARM PARTNERS SUCCESS-)、ウインドリバー株式会社、京都マイクロコンピュータ株式会社、日本ローターバッハ株式会社、富士ソフト株式会社、横河ディジタルコンピュータ株式会社

■お申込み/詳細/お問合わせ: リンク

報道、編集関係の方々のお申し込みは、ページ下部の担当までお知らせください。
ご参加をお待ちいたしております。

アルテラ・コーポレーションについて
アルテラ・コーポレーションは、プログラマブル・ロジック・ソリューションの世界的リーディング・カンパニーです。1983年にシリコンバレーで創業した世界で最初のファブレス企業であり、1988 年に NASDAQ に上場しました。FPGA/CPLD、ASIC など、カスタム・ロジックの分野におけるテクノロジー・リーダーとして高成長を続け、顧客企業のイノベーションに貢献しています。世界各国に拠点を持ち、日本法人である日本アルテラ株式会社は 1990 年に設立されました。顧客志向のソリューションが高く評価され、日本における PLD 市場でトップシェアを維持しています。

アルテラの FPGA/CPLD、ASIC に関する詳細情報は、同社ウェブ・サイト(www.altera.co.jp)をご覧ください。Facebook、RSS、Twitter でも情報提供を行っています。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。