logo

東北3県から届いた桜が「道」となり、東京でいち早く満開に!「~咲かせよう、希望のさくら~」Sakura Project II を開催

株式会社ルミネ 2013年03月07日 14時55分
From Digital PR Platform


株式会社ルミネ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:新井良亮)は、昨年有楽町店にて開催した、47都道府県の「桜」を一本の「桜の木」に仕立て満開に咲かせたSakura Projectの第2弾として、新宿店他、ルミネ各館にて、2013年3月21日(木)~24日(日)の4日間、「~咲かせよう、希望のさくら~」Sakura Project II を開催いたします。

日本の象徴的な花、「桜」。冬の寒さがあってこそ、美しい花を咲かせる力強いその姿は、被災地の人々を応援するシンボルとなっています。
今回の「Sakura Project II」では、昨年に続き、プラントハンター・西畠清順氏を起用、東北3県(岩手・宮城・福島)から東日本大震災以降もその地に力強く生き続ける貴重な桜を、地元の方々のご好意で譲っていただきました。今回は、その桜が全長約7mに及ぶ「桜道(さくらみち)」になり、3月21日に、新宿店で満開に咲き誇ります。

また、期間中は、ルミネ各館にカプセルトイを設置し、お客さまから100円の寄付をいただくごとにロンドンで始まった震災復興支援活動「サクラフロントプロジェクト」製作の『さくらブローチ』を1個差し上げます。

----------------
■ルミネ新宿「桜道」
昨年に続き、プラントハンター・西畠清順氏を起用するとともに、東北3県(岩手・宮城・福島)を周って、東日本大震災以降もその地に力強く生き続ける「桜」を譲っていただき、ルミネ新宿に全長約7mに及ぶ、満開の「桜道」をつくります。
-開催場所:ルミネ新宿 ルミネ2 2F インフォメーション前

<西畠清順(にしはた せいじゅん)/プラントハンター>
幕末より続く、花・植物生産卸問屋“花宇”の五代目。これまで世界中を駆け巡って集めてきた植物は数千種類。今までになかった切り口で植物の可能性を伝えている。著書「プラントハンター 命を懸けて花を追う」(徳間書店)。人の心に植物を植える「そら植物園」の活動もスタート。
リンク

※その他各館(藤沢店・川越店・渋谷店・品川店を除く)インフォメーションカウンターでも、東北3県(岩手・宮城・福島)の桜の展示をお楽しみ頂けます。


----------------
■チャリティイベント
ルミネは、大津波の最高到達地点に桜を植樹している「NPO法人 さくら並木ネットワーク」の活動に賛同しています。期間中は、ルミネ各館にカプセルトイを設置し、お客さまから100円の寄付をいただくごとにロンドンで始まった震災復興支援活動「サクラフロントプロジェクト」製作の『さくらブローチ』を1個差し上げます。
-開催店舗:各館インフォメーションカウンター(藤沢店・川越店・渋谷店・品川店を除く)

<「NPO法人 さくら並木ネットワーク」とは・・・>
東日本大震災の大津波最高到達地点への桜植樹を通じて100年後の未来まで、大津波の惨事を風化することなく伝承し、咲き誇る桜が、犠牲になった方々への鎮魂と、将来再び起こるであろう津波の際の住民避難の目安となることで1人でも多くの命を守ること、さらに植樹事業等による被災地の経済復興支援を行うことを目的に、同じ想いを持つ、世界・全国各地の方々と復興地、関連団体を桜で結ぶネットワークです。
リンク


----------------
■「桜」関連商品の展開
<チャリティジュエリーの販売>
有楽町店 ルミネ1 7F「ザ・スタディルームコレクション」では、アメリカのデザイナー スティーブ・キング氏が“生物の美しさ”をアクセサリーで表現するブランド「バンブージュエリー」から、東日本大震災後、同氏が“日本の桜”をイメージして、新たに数量限定で製作した「誓いのさくら」シリーズを販売いたします。売り上げの一部が、東日本大震災の被災地支援に使われるチャリティジュエリーです。なお、チャリティ商品のギフトボックスには、“奇跡の一本松”がデザインされています。
-バンブージュエリー誓いのさくら-CN(クリスタルネックレス) \9,240(税込)

・バンブージュエリーについて
稀少な生物や絶滅種が命を絶やすことなく育んでいけるよう、未来への祈りを込めてカーボンオフセットによって製作。生命の美しさ、煌めきを表現するため、高い技術を用い、七宝焼で製作されています。

・スティーブ・キング(Steve King)氏について
イエール大学で地球環境とアートを専攻。海洋生物に対して特に造詣が深く、ホエールウォッチングのガイドとしても活躍。コーディネートを手掛けた海洋生物のドキュメント番組(ABC)においてエミー賞を受賞しています。

・ケースについて
農薬など使用していないため土に還りやすく、パンダも食べに来る自然に生えた質の良い中国の竹を使用。また、底に貼ってあるグリーンの布は、長い間繰り返し使えるよう、朽ちにくい素材を使っています。

※その他の店舗でも、「桜」に関連する商品を多数販売いたします。

<「桜のネイルシール」の配布>
ルミネ町田では、プロジェクト期間中、「募金箱」(2Fインフォメーション横に設置)へ、募金してくださった方(金額問わず)に、貼るだけで気軽にネイルアートができる「桜のネイルシール」を先着2,500名様に無料で配布いたします。手元・足元でも、軽やかな春の装いをお楽しみください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。