logo

いまもっとも注目!個人ではじめる電子出版!

世界中で個人電子出版の新たな潮流がはじまっています。

個人が電子書籍をつくり、App Storeなど世界で販売できるストアに登録販売し、販売収益を直接ストアから受け取る。個人電子出版が急激に拡大しています。
電子出版に関するトータルソリューションを手掛ける弊社株式会社CO2パブリッシング(本社:東京都千代田区 代表取締役:長谷川 實)は、個人作者やクリエイターさまの電子出版をサポートする新しいサービス「BUKUMO STUDIO」(ブクモスタジオ)を2012年7月4日からスタートします。

◆作者/クリエイターさま向け電子出版サービス

ご自分で作成された作品をPDFに変換し、iOSデベロッパプログラムに登録、「BUKUMO STUDIO」(bukumo.jp)に送ると、アプリ内課金機能をもつ専用のブックシェルフ型電子書籍アプリが作成されます。作者/クリエイターさまはご自分のストアアプリで自由にご自分の電子書籍を販売できます。
収益は米国Apple社から直接作者/クリエイターさまに振込まれます。
「BUKUMO STUDIO」は販売手数料をいただきません。
※電子書籍の公開にはApple社のアプリ審査ガイドラインに準拠する必要があります。
「BUKUMO STUDIO」はお客さまの制作サポートも行います。(サポートの内容によって一部有料の場合もございます)

「BUKUMO STUDIO」のサービス内容

・9,800円から作者/クリエイターさま専用の課金機能付きブックシェルフ型高品質電子書籍アプリが作れます。
・iOSデベロッパプログラム登録代行。(登録代行手数料:¥10,000/登録料込)
・iOSデベロッパプログラムにご登録頂きますと、作者/クリエイターさまの収益は直接米国Apple社から振込まれます。
・BUKUMOは販売手数料をいただきません。

◆BUKUMO STUDIO

URL: リンク

「BUKUMO STUDIO」は2012年7月4日〜6日開催の国際電子出版EXPOに出展しています。

共同出展社

Electricwoods社は、世界初!世界最高水準!段組エスコート機能を持つ「Electricbooks」ビューア技術を展示。

韓国のPANDAMO KOREA社はWeb上でiOSアプリやAndroidアプリを自由に、しかも無料でつくれる「AppYa」を紹介。「AppYa」の無料版アプリには広告が入ります。またアプリに広告を自由に入れられるアドネットワークソリューション「AD2APP」、簡単にアニメーションアプリをつくれる「KWIK」の紹介など。

想隆社は「白門書房」など教育機関・図書館向け電子書籍ソリューションをご紹介します。

◆お問い合わせ先

株式会社CO2パブリッシング
〒102-0073 東京都千代田区九段北1-14-21 九段アイレックスビル5F
TEL:03-4334-3777 FAX:03-4334-3776
contact@bukumo.jp

用語解説

iOSデベロッパプログラムとは、iOSアプリケーションを開発するために必要な登録。
個人契約には、8400円/年間の費用が掛かります。為替の変動によって金額が変わる場合がございます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。