logo

リクルート、『リクナビNEXT Tech総研』の研究レポート gloopsがWindows環境でソーシャルゲームをつくる理由


株式会社リクルート(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 兼 CEO:柏木 斉)が運営するサイト『リクナビNEXT Tech総研』(リンク)は、エンジニアの「仕事・職場の実態・気になる給与」「賢い転職ノウハウ」情報を毎日お届けしています。

▼『Tech総研』トップページ
リンク

――――――――――――――――――――
■UNIXエンジニア、Windows Serverの改善に挑む
gloopsがWindows環境でソーシャルゲームをつくる理由
――――――――――――――――――――

ソーシャルゲーム業界では珍しく、Windowsサーバー環境でのインフラやアプリケーション開発を進めるgloops。そのメリットとは?技術力・インフラ環境のすごさについて、同社のエンジニアたちに『Tech総研』編集部は直撃インタビューしました。


多くのソーシャルゲーム開発企業が、LAMP系システム(Linux/Apache/MySQL+スクリプト言語)を標準環境とする中、gloopsはアプリケーションサーバーにWindows Server 2008 R2上のIISを活用し、また、データベースサーバーにもSQL Server 2008 R2を採用しています。ゲームアプリケーションの開発は全面的にC#とASP.NETで行っています。

一般の業務システムの開発・運用ではさほど珍しくない環境ですが、昨今のソーシャルゲーム業界ではほとんど見かけないものです。
「gloopsの事業は、もともとネット広告代理店業務がメインでした。そこにおける業務アプリケーション開発では、C#+ASP.NETでの開発が効率的だったと聞いています」と、Windows環境を採用した理由を挙げるのは、ソーシャルゲーム事業本部アプリケーション開発部長・長谷川祐介氏です。

長谷川氏はWindows Serverについて、こう述べます。
「Linuxに比べて触りやすくメンテナンスも容易、知識要らずでチューニングができるという利点があります。例えばSQL ServerのI/Oのボトルネックを解消することで、現在は20万QPS(queries per second)を達成できるまでになっています。怖ろしいほどのレスポンス向上。この先もどんどん突っ走っていきそうです」

本レポートでは、同社のアプリ開発環境、統合環境とフレームワーク、インフラ部分のサーバーチューニングやその迅速な改善についても詳しくレポートしています。

▼詳細は下記URLにてご覧ください。
リンク

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

▼『Tech総研』の新着記事をお届け・メルマガ配信登録はこちら
リンク

▼『Tech総研』Twitterアカウント
リンク

▼リクルートについて
リンク

――――――――――――――――――――
◎『Tech総研』概要
――――――――――――――――――――
エンジニアのための『仕事・職場・転職』応援サイト。
エンジニアの『仕事・職場の実態・気になる給与』『賢い転職ノウハウ』『エンジニアだからわかるあるあるネタ』など、エンジニアライフを楽しむ情報満載。

リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。