logo

リクルート、『SUUMO(スーモ)』「2012年版 住んでみて良かった街ランキング」を公開


株式会社リクルート(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 兼 CEO:柏木 斉)が運営する不動産・住宅サイト『SUUMO(スーモ)』(リンク)は、関東と関西に住む約3,300名に「住みたい街」についてのアンケートを実施。調査結果を「住んでみて良かった街ランキング」として公開しました。結果の一部についてお知らせします。
※以下ランキングのカッコ内は前回(2010年版)ランキングになります

――――――――――――――――――――
■【関東版】「住んでみて良かった街ランキング」(総合)
――――――――――――――――――――
1位:横浜(2位)
2位:吉祥寺(1位)
3位:中野(5位)  
4位:町田(13位)
5位:三鷹(4位) 
6位:荻窪(7位)
7位:国立(7位) 
8位:府中(9位)
9位:調布(28位)
10位:阿佐ヶ谷(62位)
10位:練馬(99位)
12位:茅ヶ崎(43位)
13位:高円寺(9位)
13位:つくば(95位)
15位:川越(75位)

上位10位中、実に6つが中央線沿線の街となった総合ランキング。中央線沿線には大学が多く、学生時代に過ごした人も多く、一度ほかの沿線に移り住んでも、学生時代に味わった楽しい思い出と街の懐の深さが忘れられずに出戻る、という不思議な魅力をもつ街が多い。また、吉祥寺なら井の頭公園&ハモニカ横丁、横浜ならみなとみらい&野毛など、上位の街には利便性だけでなく、コントラストを感じる多様な街の魅力があるのも特徴。

▼【関東版】「住んでみて良かった街ランキング」はこちらから
リンク

――――――――――――――――――――
■【関東版】「住んでみて良かった街ランキング」(ライフスタイル別)
――――――――――――――――――――
シングルは、「住みたい街」と「住んで良かった街」が比較的一致する街選びとなった。その中でもシングル男性はターミナル×遊べる街を重視するのに対し、女性は治安も含めた日々の安心感が得られる街が上位に来る傾向がある。共働きカップルになると通勤利便性を求めながらも週末の楽しさを感じられる街が上位に来ている。ファミリーになると商店街が充実していることに加え、住居相場や生活相場といった街のコストパフォーマンスも加味している傾向がみられた。

◎20代シングル
○男性
1位:中野
2位:横浜
3位:吉祥寺

○女性
1位:横浜
1位:吉祥寺
3位:国立


◎共働きカップル
○男性
1位:吉祥寺
2位:茅ヶ崎
3位:横浜

○女性
1位:横浜
2位:中野
3位:学芸大学


◎ファミリー
○男性
1位:横浜
2位:荻窪
3位:国立

○女性
1位:阿佐ヶ谷
2位:三鷹
3位:町田


――――――――――――――――――――
■【関西版】「住んでみて良かった街ランキング」(総合)
――――――――――――――――――――
1位:高槻(1位) 
2位:豊中(2位)
3位:芦屋(13位)
4位:石橋(51位)
5位:姫路(7位)
6位:京都(5位)
6位:西宮北口(6位)
6位:伊丹(7位)
9位:垂水(17位)
10位:御影(58位)

「住んでみて良かった」という満足感の大きな理由は、まず交通の便の良さだろう。すべての世代で1位だった「高槻」は「大阪」へも「京都」へも15分弱という近さ。2位の「豊中」は「梅田」へ11分、3位の「芦屋」は「大阪」へも「三ノ宮」へも十数分で、いずれも交通至便だ。また駅周辺には商業施設が充実し、買い物に便利なことも共通点。利便性に加え、緑豊かで住宅地として成熟していることも重要な要因になっている。「交通」「買い物」「自然」の3要素が揃うと満足度がぐっとUPするようだ。

▼【関西版】「住んでみて良かった街ランキング」はこちらから
リンク

――――――――――――――――――――
■【関西版】「住んでみて良かった街ランキング」(ライフスタイル別)
――――――――――――――――――――
いずれの世代も「住んでみて良かった街」とは異なる街が10位以内にランクインしているところが特徴的。20代シングルは、大学が多く都心に近い割には家賃が安い「石橋」や「豊中」が上位になった。対照的に共働きカップルやファミリーは、都心から少し離れているが交通アクセスの良い住宅街エリアをピックアップ。子どもを遊ばせられる緑や落ち着いた環境を保ちながらも通勤アクセスの良さも兼ね合わせた、「高槻」「千里中央」「芦屋」などの街が、実際に住んでみて良かったと思う街として上位に。

◎20代シングル
1位:石橋 
2位:豊中
3位:京都  
3位:西宮北口

◎共働きカップル
1位:高槻 
2位:千里中央
3位:武庫之荘  

◎ファミリー
1位:高槻 
2位:芦屋
3位:姫路  

――――――――――――――――――――
■調査概要
――――――――――――――――――――
○調査期間:2012年1月13日~1月14日
○調査対象者:関東編/関東エリア・1都6県に住む、20歳から59歳の男女 関西編/関西エリア・2府4県に住む、20歳から59歳の男女
○調査方法:インターネット(マクロミル調査)
○有効回答数:
関東エリア 2,166名 ※シングル、共働きカップル、ファミリーで、各722名(うち男女各361名)
関西エリア 1,236名 ※シングル、共働きカップル、ファミリーで、各412名(うち男女各206名)

※本調査時の回答データを、1位3点、2位2点、3位1点として、数値化しております。その中で一定のポイントを獲得した情報を掲載しています。
※20代シングルは20から29歳の独身男女、共働きカップルは20から49歳で、夫婦ともに仕事を持つ、子どもがいない既婚男女、ファミリーは子どもを一人以上持つ既婚男女という属性で集計をしております。
※無断転用禁止。

▼「住んでみて良かった街ランキング」関東版はこちらから
リンク

▼「住んでみて良かった街ランキング」関西版はこちらから
リンク

▼不動産・住宅サイト『SUUMO(スーモ)』はこちらから
リンク

▼リクルートについて
リンク
――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。